• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップマネジメント > 米国特許、60年ぶりの新法がもたらすもの

米国特許、60年ぶりの新法がもたらすもの

 「待ちに待った改革によって特許プロセスはスピードアップし、発明家や起業家は新しい発明を迅速に事業化できるようになる」。

(写真:Official White House Photo by Lawrence Jackson)

 米国のオバマ大統領は2011年9月16日、このコメントとともに約60年ぶりの改正となる新しい特許法に署名した。最も象徴的なのは、「先発明主義」から「先願主義」への大転換で、“真の発明者”を巡る争いに終止符が打たれたことだ。

 大統領の署名から1年半。2013年3月までにさまざまな新制度が順次施行されてきた。世界トップの知財大国である米国で新しい特許法が効力を発揮し始めるのは、まさにこれからである。米国の特許制度は今後しばらく不安定な状態が続くとの見方も根強い。新たな特許法は、何をもたらすのか。特許法の改正が決まった直後に日経エレクトロニクスが解説したインパクトを紹介する。

contents

【技術者塾】(6/9開催)
「製品の差異化」はこれでうまくいく

~顧客ニーズと設計のギャップを埋める技術~


実務経験豊富な講師が、優れた「製品の差異化」を実現する具体的な方法を解説します。また、この取り組みの骨格とも言えるQFD(Quality Function Deployment:品質機能展開)のうまいやり方、コツを分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年6月9日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経ものづくり