EDA・ソフトウエア 強いLSIやボードを設計するための
 

標的型攻撃メールを分析する

中道 理=日経エレクトロニクス
2013/03/11 00:00
印刷用ページ

 ある限られた組織に対してサイバー攻撃を仕掛ける標的型攻撃。この攻撃を実行する手口として主に使われるのが標的型攻撃メールだ。組織内のメンバーや取引先、知人などを装ってウイルスやウイルスが仕込まれたWebサイトのURLなどを送り付けてくる。

 本連載では、情報処理推進機構(IPA)が情報提供を受けた標的型攻撃メールの事例から、セキュリティーセンター 研究員の青木 眞夫氏に最近の傾向について解説してもらう。標的型攻撃に使われるウイルスはウイルス対策ソフトで検知できない可能性がある。標的型攻撃メールの特徴を知ることで、怪しいメールを気づけるようになるはずだ。

contents

【9月15日(火)開催】触るインタフェース(応用編)
~ウエアラブルと身体性から読み解く次世代インタフェース~


ウエアラブルデバイスで触覚情報を利用するための基礎と最新技術や、全身触覚と身体性に着目した新しい触覚インタフェースの新潮流について解説する。この分野に精通する3人の講師が、様々な研究開発例とその実装方法を紹介する。詳細は、こちら
会場:BIZ新宿 (東京・西新宿)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング