デバイス 半導体や電子部品を使い倒す
 

ファウンドリから見たMEMS失敗事例(1)

三宅 常之=Tech-On!
2013/03/04 00:00
出典:NIKKEI MICRODEVICES、2008年9月号 、pp.61-64 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ

 MEMSファウンドリを上手に活用できずに,想定以上の時間やコストを費やすことや,そもそも量産に至らないことがある。LSI の量産では,製造したチップを確実に動作させるためのEDA(electronic design automation)ツールが利用できる。このため,MEMSと比べると量産は比較的容易といえる。

 MEMS では,LSIよりも製造プロセスがファウンドリ間で技術的に大きく異なる。設計時には,これらの点を深く理解し,考慮する必要がある。事業化を成功させるためには,LSIとの違いを熟知した上で,開発チーム作りから慎重に進めなければならない。

 今回,MEMSファウンドリで20 年以上の経験を持つカナダMicralyne Inc.が,MEMSファウンドリを活用するデバイス・メーカーに見られた失敗事例を明らかにした。同社は,1998年に設立し,その前身であるMEMSの研究開発を行う非営利団体時代からMEMS生産で20年以上の経験を持つ。クラス10とクラス1000のクリーン・ルームを所有し,150mmウエーハでMEMSを量産してきた。工場には100人の技術スタッフを抱え,これとは別に40人の研究開発技術者が在籍している。同社は,MEMSファウンドリの中で高収益企業として知られ,売上高営業利益率は10%近くという。売上高もここ数年間,MEMSファウンドリ業界の伸び以上の成長を遂げてきた。

 以下は,MEMS関連の技術セミナー「MEMS International」で,同社CEOのChris Lumb氏が2008年5月に行った講演を基に,加筆,編集した内容である(MEMS関連の最新技術セミナーはこちら)。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

<技術者塾>
電源制御と主回路の定式化手法(2日間)
~状態平均化法によるコンバータの伝達関数の導出と制御設計の基礎について事例を基にわかりやすく解説~



これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例について解説するとともに、「系の安定度」の問題点と解決手法についても解説します。今年3月に発刊した「スイッチング電源制御設計の基礎」(日経BP社刊)をベースに最新の内容を解説いたします。詳細はこちら

【日時】:2015年9月28~29日 10:00~17:00 (開場9:30)予定
【会場】:化学会館(東京・御茶ノ水)
【主催】:日経エレクトロニクス

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング