• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり産業機器/部材世界への架け橋 金型基地「沖縄」 > 第3回 新興国で需要見込める製品を生産

世界への架け橋 金型基地「沖縄」

第3回 新興国で需要見込める製品を生産

大垣精工(超精密金型などの設計・製造・販売)

  • 池松 由香=日経ものづくり
  • 2013/05/17 00:00
  • 1/3ページ

 大垣精工(本社岐阜県大垣市)は、ハードディスク(HDD)用超精密部品やクルマ/二輪車に搭載される排ガス浄化装置用触媒を生産するための「超精密金型」を製造している。同社の金型でプレスしたHDD部品は、関連会社のセイコーハイテック(本社岐阜県大垣市)が生産し、その国内シェアは60%以上に上る。

 具体的には、HDDの磁気ヘッドをディスクから0.01μmの位置で支えるサスペンション部品だ。生産できるのは、セイコーハイテックを含めて日本に2社、世界でも4社しかない。

「沖縄向き」の製品

 そんな大垣精工が沖縄進出を決めたのは、リスク分散を図りつつ、将来的には物流面でのメリットを享受できると考えたためだ(図1)。

図1●大垣精工はリスク分散と海外物流メリットを見込んで進出
大垣精工(関連会社のセイコーハイテックを含む)は、自社生産した金型を用いて精密プレス部品の生産も手掛ける。完成品の生産は岐阜の本社と長崎工場に、金型の生産は本社と沖縄工場に分散させている。沖縄では、軽量かつ付加価値の高い金型を生産。将来的には生産規模を拡大し、アジアに近い地理的メリットを生かす方針だ。
[画像のクリックで拡大表示]

 リスク分散への取り組みは既に始めていた。まずは2010年4月、長崎工場を立ち上げてHDD部品の分散生産を開始。その直後、沖縄県に金型技術研究センターと賃貸工場が完成したと聞き、賃貸工場への入居を「即決した」(同社社長の上田勝弘氏)。そして、翌2011年の1月には沖縄工場を稼働させた。リスク分散に加えて、同工場で生産するのに打ってつけの製品が上田氏の頭に浮かんだからだった。

トップページへ

【技術者塾】(7/25開催)
低コストを実現する機能安全設計の実践法

ISO26262に対応しつつ、回路の部品点数の半減を目指す


省エネルギー社会に則した機器をキャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。。機能安全規格「ISO26262」に対応した安全設計を実施していく上で、考えなければならない設計の考え方や考慮すべきポイントを解説。これにより、コストの視点をしっかりと押さえつつ、「最適な安全設計を実現するために何をどこまで考慮すべきか」について判断ができるようになります。続いて、シンプルで最適な安全アーキテクチャを考えるためにはどうしたらよいかについて、回路の部品点数の削減事例を基に分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年 7月25日
会場 : 御茶ノ水トライエッジカンファレンス
主催 : 日経Automotive

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓