• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくりだからITで失敗する > 第15回:目的なく電子データを長期保存

だからITで失敗する

第15回:目的なく電子データを長期保存

  • 木崎健太郎、富岡恒憲
  • 2013/04/15 00:00
  • 1/2ページ

 コンピュータ・システムの普及が進み始めた時期から、情報を長期にわたってどう保管・保存すべきかが重要な問題として議論されるようになった。コンピュータ技術の発展は急激で変化が大きく、アプリケーション・ソフトウエアもバージョンアップを繰り返したり、後継ツールが出現したにもかかわらずデータ互換性が完全ではなかったりする。電子データを長期間、いざというとき使えるように維持していく方法の案出は、難題とされてきた。

* CADデータ交換の標準規格「STEP(ISO10303)」の制定活動も、もともとは長期保管・保存を視野に入れたものだった。

 現在でも、データの長期保管・保存の手段として決定的なものはない。常にデータを使えるように、最新版ツールに合わせて変換し続けるには、工数とコストがかかる。変換しないで使えるようにしておこうと思えば、以前のシステムをハードウエアごとそのまま残しておけばよい。しかし、古いシステムは保守サービスがなく、故障したらそれっきりになってしまう。

 記録として残すなら、紙に印刷するのが一番確実かもしれないが、物理的にかさばるし、火事などの災害に弱い。精密機器メーカーなどでの勤務経験がある技術者は、「デジタルデータにさえしておけば、(100%の精度ではないにせよ)変換処理をすればさまざまなところへ持っていけるが、紙ではそうはいかない」と言う。「ある部品メーカーは、これまでの設計資産をすべて紙で保有し、それを小学校の教室くらいの部屋に保管している。この部屋が火事になったら、設計資産は無に帰してしまうのが実情」(同技術者)だ()。

図●データの長期保管・保存方法には決定版がない
[画像のクリックで拡大表示]

トップページへ

【技術者塾】(7/25開催)
低コストを実現する機能安全設計の実践法

ISO26262に対応しつつ、回路の部品点数の半減を目指す


省エネルギー社会に則した機器をキャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。。機能安全規格「ISO26262」に対応した安全設計を実施していく上で、考えなければならない設計の考え方や考慮すべきポイントを解説。これにより、コストの視点をしっかりと押さえつつ、「最適な安全設計を実現するために何をどこまで考慮すべきか」について判断ができるようになります。続いて、シンプルで最適な安全アーキテクチャを考えるためにはどうしたらよいかについて、回路の部品点数の削減事例を基に分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年 7月25日
会場 : 御茶ノ水トライエッジカンファレンス
主催 : 日経Automotive

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓