• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくりだからITで失敗する > 第14回:アプリやデータの管理は二の次(下)

だからITで失敗する

第14回:アプリやデータの管理は二の次(下)

  • 木崎健太郎、富岡恒憲
  • 2013/04/11 00:00
  • 1/2ページ

 前回紹介したように、アプリやデータの集中管理にはさまざまなメリットがある。ただ、そうした仕組みを社内で構築するには、それを企画し、運用管理できる人材が不可欠となる。

 では、そうした人材の確保が難しい企業はどうすればいいのか──。その候補の1つとして検討する価値がありそうなのが、クラウド・コンピューティングである。

クラウド使い社外でデータ管理?

 そこで、その可能性を探るべく、『日経ものづくり』が実施したアンケート調査の結果がである。これによれば、クラウド・コンピューティングを用いて設計データを社外で管理することに賛成する人が19.2%、反対する人が68.5%と、反対派が大多数だった。興味深いのは、反対派とはいっても、29.5%もの人がクラウド・コンピューティングのバックアップ体制やセキュリティーが充実していることを認めている点である。「製造業者であれば、設計データは自分たちで管理すべき」という呪縛があるのかもしれない。

図●クラウド・コンピューティングを用いて設計データを社外で管理することに対する考え方
「クラウドを用いて、設計データも管理しようという考え方がある。貴重な設計データを社外で管理することについて、『大事なお金を銀行で管理するのと同じ』と例えて説明されたら、どのように感じますか(1つ選択)」という問いへの回答。
[画像のクリックで拡大表示]

* アンケート調査は、ニュース配信サービス「日経ものづくりNews」の読者を対象にWeb上で実施した。実施時期は、2010年4月28日~5月10日。有効回答数は577。回答者プロフィールは「設計開発・生産の現場でITを利用する立場」の人が39.2%、「同現場でIT導入を推進する立場」の人が20.8%、「全社単位でのIT導入を推進する立場/IT部門」の人が11.8%だった。所属先の従業員数による分類では、100人未満の人が21.2%、100人以上1000人未満の人が30.7%、1000人以上の人が47.6%だった。

トップページへ

【技術者塾】(7/25開催)
低コストを実現する機能安全設計の実践法

ISO26262に対応しつつ、回路の部品点数の半減を目指す


省エネルギー社会に則した機器をキャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。。機能安全規格「ISO26262」に対応した安全設計を実施していく上で、考えなければならない設計の考え方や考慮すべきポイントを解説。これにより、コストの視点をしっかりと押さえつつ、「最適な安全設計を実現するために何をどこまで考慮すべきか」について判断ができるようになります。続いて、シンプルで最適な安全アーキテクチャを考えるためにはどうしたらよいかについて、回路の部品点数の削減事例を基に分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年 7月25日
会場 : 御茶ノ水トライエッジカンファレンス
主催 : 日経Automotive

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓