設計・生産 ものづくり現場の競争力アップに貢献する
 

第7回:効率向上で空いた時間をムダ遣い(上)

木崎健太郎、富岡恒憲
2013/03/18 00:00
出典:日経ものづくり、2010年7月号 、pp.44-45 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ

 3次元CADやPDMなどの設計開発システムの導入時に期間短縮を目指すことは「常識」であり、実際に目標を達成した企業は多い。にもかかわらず、それで本当によかったのかという反省が生まれ始めている。

削ってしまった未来

 かつて、セイコーエプソンで設計3次元化などを主導した坂井佐千穂氏(住商情報システム製造ソリューション事業部PLMソリューション・ものづくりITアドバイザー)は「日本企業は大きく効率を上げてきたはずなのに、リーマンショックで業績を大きく悪化させた」と指摘する。海外と比べて景気回復のテンポも遅い中で、「どう頑張るかといえば、さらに効率を上げるしかなくなってしまっている。効率を上げることは重要だが、それだけでは疲弊するばかりだ」。

 ものづくりITで効率を上げることは、ある程度実現できた。問題は、そこで得た余裕を、さらなる効率化に投入してしまったこと。「ムダと称して、(本来ムダではなかったはずの)5年先10年先の未来を削ってきたのではないか」(同氏)。その結果、非創造的な仕事ばかりが増えて、技術者がアイデアを出す余裕を失ってしまった。

 韓国Samsung Electronics社常務として同社の設計システム改革を指揮した、東京大学大学院経済学研究科ものづくり経営研究センター特任研究員の吉川良三氏は、もっと直接的な表現で指摘する。「3次元CADの活用法として設計リードタイムの半減を目指すというのは、根本的に間違っているのではないか」。日本企業は製品の基本原理についてのイノベーションによって価値を生み出し、海外企業と競争すべきであり、コストと納期だけで勝負していても韓国や中国に勝てないという。

 従って、3次元CADをはじめとするITの利用法も、単にコストと納期を削減するというだけでは、競争力にはつながらないことになる。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【技術者塾】(9/11開催)
Quick DRを始めよう

~日産自動車で生まれた不具合未然防止手法~


日産自動車においてQuick DRを開発し、導入推進した講師が、Quick DRの考え方やプロセス、実施手順などを解説します。具体的な課題によるQuick DRの主要手順を体験する演習も実施します。 詳細は、こちら
日時: 2015年09月11日(金)10:00~17:00
会場:Learning Square新橋(東京・新橋)
主催:日経ものづくり

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング