• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくりだからITで失敗する > 第7回:効率向上で空いた時間をムダ遣い(上)

だからITで失敗する

第7回:効率向上で空いた時間をムダ遣い(上)

  • 木崎健太郎、富岡恒憲
  • 2013/03/18 00:00
  • 1/2ページ

 3次元CADやPDMなどの設計開発システムの導入時に期間短縮を目指すことは「常識」であり、実際に目標を達成した企業は多い。にもかかわらず、それで本当によかったのかという反省が生まれ始めている。

削ってしまった未来

 かつて、セイコーエプソンで設計3次元化などを主導した坂井佐千穂氏(住商情報システム製造ソリューション事業部PLMソリューション・ものづくりITアドバイザー)は「日本企業は大きく効率を上げてきたはずなのに、リーマンショックで業績を大きく悪化させた」と指摘する。海外と比べて景気回復のテンポも遅い中で、「どう頑張るかといえば、さらに効率を上げるしかなくなってしまっている。効率を上げることは重要だが、それだけでは疲弊するばかりだ」。

 ものづくりITで効率を上げることは、ある程度実現できた。問題は、そこで得た余裕を、さらなる効率化に投入してしまったこと。「ムダと称して、(本来ムダではなかったはずの)5年先10年先の未来を削ってきたのではないか」(同氏)。その結果、非創造的な仕事ばかりが増えて、技術者がアイデアを出す余裕を失ってしまった。

 韓国Samsung Electronics社常務として同社の設計システム改革を指揮した、東京大学大学院経済学研究科ものづくり経営研究センター特任研究員の吉川良三氏は、もっと直接的な表現で指摘する。「3次元CADの活用法として設計リードタイムの半減を目指すというのは、根本的に間違っているのではないか」。日本企業は製品の基本原理についてのイノベーションによって価値を生み出し、海外企業と競争すべきであり、コストと納期だけで勝負していても韓国や中国に勝てないという。

 従って、3次元CADをはじめとするITの利用法も、単にコストと納期を削減するというだけでは、競争力にはつながらないことになる。

トップページへ

【技術者塾】(7/25開催)
低コストを実現する機能安全設計の実践法

ISO26262に対応しつつ、回路の部品点数の半減を目指す


省エネルギー社会に則した機器をキャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。。機能安全規格「ISO26262」に対応した安全設計を実施していく上で、考えなければならない設計の考え方や考慮すべきポイントを解説。これにより、コストの視点をしっかりと押さえつつ、「最適な安全設計を実現するために何をどこまで考慮すべきか」について判断ができるようになります。続いて、シンプルで最適な安全アーキテクチャを考えるためにはどうしたらよいかについて、回路の部品点数の削減事例を基に分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年 7月25日
会場 : 御茶ノ水トライエッジカンファレンス
主催 : 日経Automotive

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓