• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり > だからITで失敗する

だからITで失敗する

「IT導入で効率が上がるはずだったのに、現場はかえって多忙になってしまった。慢性的に疲労がたまり、目の前の作業をこなすだけで精一杯の状態だ」

「IT導入で競争力が向上するはずだったのに、現場は同じようなものを繰り返し作るだけ。今では、ノウハウやアイデアがさっぱり出なくなってしまった」

「IT導入で情報基盤を整備するはずだったのに、肝心の情報が現物と一致せず、信頼性に欠ける始末。現場では、同じ過ちやムダな作業が繰り返し起こる」

「IT導入でコストが削減されるはずだったのに、現場ではそれにかかわる管理費などが増加している。ITで財布の中身はかえって寂しくなってしまった」

あなたの会社は、こんな症状ありませんか?
イラスト:モリナガカツトシ
[画像のクリックで拡大表示]

 あなたの会社は、上記のような症状に、心当たりはないだろうか。いずれも、ITの利用経験を積むにしたがって生じるものだ。単にITがうまく動いていないというだけでは、これらの症状が出ることはない。その症状が現れるには、原因がある。本来やってはいけないことをやっていたり、落とし穴にはまったりしていることがある。

 本特集ではその原因別に、多くの企業で最近見られるようになった現象と、その対処法を見ていく。原因といっても多くのケースでは、誰が見ても明らかな間違いだと、はっきり分かるようなものではない。ちょっとした考え方の差が大きな結果の違いを招いている。そんな、どちらにでも転ぶような要素がものづくりのITには多い。逆に言えば、ITへの取り組みは常に裏目に出る危険性をはらんでいる。そこを考慮して初めてITのメリットを享受できる。

contents

【技術者塾】(6/9開催)
「製品の差異化」はこれでうまくいく

~顧客ニーズと設計のギャップを埋める技術~


実務経験豊富な講師が、優れた「製品の差異化」を実現する具体的な方法を解説します。また、この取り組みの骨格とも言えるQFD(Quality Function Deployment:品質機能展開)のうまいやり方、コツを分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年6月9日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経ものづくり

おすすめ