• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子設計工場/発電所向けセキュリティー標準を知る > 【第1回】オープン化が制御システムに危険を呼び込む

工場/発電所向けセキュリティー標準を知る

【第1回】オープン化が制御システムに危険を呼び込む

  • 入澤 康紀=情報処理推進機構(IPA)
  • 2013/02/04 00:00
  • 1/4ページ

 工場の生産設備や発電所の発電設備などをコントロールする制御システムは、これまで事業者ごとに固有の仕様を採用した装置が多かった。そのため、詳細な内部仕様などを把握しない限り、外部の人やインターネットを介した攻撃は難しいものであった。しかし近年、システム開発や保守のコスト削減のため、制御システムを構成する装置に標準プロトコルやITシステムで普及した汎用製品が採用されてきている。さらに経営の効率化のため、生産状況をリアルタイムに把握できるように制御システムのネットワークが業務システムのネットワークに接続される傾向がある。これらのことが外部からの攻撃を受けやすくしているケースがある。

 本連載では、深刻化する制御システムのセキュリティーに関する概況や、これに対抗するための行政による対応、国内外の標準化・評価認証などの動向について述べる。

【技術者塾】(6/3開催)
センサ情報活用のためのセンシングモデル化の基礎と応用


センサの活用のためには、センシング対象をいかにモデル化するかが技術構築の上で鍵となり、数理的・信号処理的や人工知能論的アプローチの活用が基本となります。本講演では、モデル化過程において幅広く使えるこれらのアプローチの基礎をできる限り実利用に沿う形で解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月3日
会場 : BIZ新宿 (東京・西新宿)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ