• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器スピーカーを約1/3に薄くできる技術 > なぜ薄いスピーカーが必要か

スピーカーを約1/3に薄くできる技術

なぜ薄いスピーカーが必要か

ジレンマを解消する「HVT方式」の実現技術(第1回)

  • 小林 博之,堀米 実,阿部 泰久,引地 俊博,前川 孝治=東北パイオニア
  • 2013/02/01 00:00
  • 1/4ページ

 原音に忠実な音声と,小さなスペースの両立。現代のスピーカーは,大きなジレンマを抱えている。先人たちの苦労と魂が注ぎ込まれ「匠の技」に支えられた 銘機と呼ばれるスピーカーは,その素晴らしい音質で今もなお人々の心を引き付けている。一方で,スピーカーは工業製品としての使命も負っている。与えられ た制約条件を満たしつつ,どんな場面でも,より忠実な音声を届けるために自らの形を変える必要がある。

 特に,さまざまな工業製品で高度な部品の集積化が進んでいる。スピーカーに与えられるスペースは年々小さくなってきた。厳しくなる制約条件の中,スピーカーは形を変えて対応してきてはいるが,忠実な音声を届けるための技術的なハードルはますます高くなっている。

 我々が開発した「HVT方式」は,そのようなジレンマを解消するスピーカー技術である。ボイス・コイルと振動板を横に並べて配置しており,ボイス・コイルと振動板を縦に積み重ねて配置する一般的なダイナミック・スピーカーとは大きく異なる。

図1 HVTユニットの寸法
①は,振動板(黒色の四角形)の外形寸法が75mm×57mm(丸型87mm相当)の片面駆動HVTユニットである。ユニット の外形寸法は幅140mm×高さ91mm×厚さ17mm。②は,振動板の外形寸法が49mm×22mm(丸型53mm相当)。HVTユニットの両面に振動 板を配置する両面駆動となっている,無指向性のHVTユニットである。ユニットの外形寸法は幅50mm×高さ60mm×厚さ12mm。
[画像のクリックで拡大表示]

 HVTとは,Horizontal-Vertical Transformingの略である。スピーカー・ユニット内部に「スコット・ラッセルのリンク機構」を内蔵し,ボイス・コイルなど駆動源の振幅方向(振 動板の動きを垂直方向とすると,水平方向に振動)の向きをテコ(レバー)で直角に変換して,振動板を振幅させる仕組みを取る。このようなボイス・コイルの 配置および振動の伝達手段により,従来同等の低域再生を可能にしつつ,約1/3~1/4という大幅な薄型化に成功した(図1)。

小林 博之
東北パイオニア スピーカー事業部 第一生産部 開発技術部 音響開発課 課長

堀米 実、阿部 泰久、引地 俊博
同事業部 第一生産部 開発技術部 音響開発課

前川 孝治
同事業部 第一生産部 開発技術部

トップページへ

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓