• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

スピーカーを約1/3に薄くできる技術

小林 博之,堀米 実,阿部 泰久,引地 俊博,前川 孝治=東北パイオニア
2013/02/01 00:00
出典:日経エレクトロニクス、2010年5月3日号 、pp.73-85 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
HVT方式を採用したスピーカーの試作例

 従来方式に比べてスピーカーを約1/3に薄くできる。しかも、高音質を両立しながらである。それを実現する技術が、東北パイオニアが開発した「HVT方式」だ。
 カー・ステレオのウーハーや薄型テレビ、パソコンなどに搭載する超薄型スピーカーへの展開を視野に入れている。スピーカー開発のジレンマを解消した日本発の技術である。同社の開発担当者が解説したHVT方式の技術の詳細や効果、今後の展望を紹介しよう。

contents

【技術者塾】(2/23開催)
シグナル/パワーインテグリティーとEMC

〜高周波・低電圧設計に向けたノイズの課題と対策〜


本講座では、設計事例を基に、ノイズ対策がなぜ必要なのかを分かりやすく解説します。その上で、シグナルインテグリティー(SI)、パワーインテグリティー(PI)、EMCの基礎知識ならびにそれらがノイズ課題の解決にどのように関係しているかを、これまでの知見や経験に基づいた具体例を踏まえつつ解説を行います。 詳細は、こちら
日程 : 2016年2月23日
会場 : 化学会館
主催 : 日経エレクトロニクス
印刷用ページ

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾
  • スポーツイノベイターズオンライン

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング