• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子設計標的型攻撃の現状と対策 > 【第2回】4段階で進む標的型攻撃

標的型攻撃の現状と対策

【第2回】4段階で進む標的型攻撃

  • 相馬 基邦=情報処理推進機構(IPA)
  • 2013/01/22 00:00
  • 1/3ページ

 前回は、標的型攻撃のメールにおける手口の紹介と、どのような組織が狙われているのか、ということを説明した。今回は、仮に組織に侵入された場合、どのような流れで攻撃が行われるのか、について解説する。

 標的型攻撃を段階ごとに見ると、第0段階(事前の調査)から第4段階(最終目的の遂行)に分類することができる。以下、この段階を追って攻撃を見ていく。

・第0段階:事前調査 ~ 第1段階:メールの送付

図1 <第0段階>
メールの履歴、SNSの情報を駆使して標的者をだますメールを作成
[画像のクリックで拡大表示]
 標的となる人に対する事前調査を行い、ウイルス付きメールを効果的に開いてもらうためには、どのようにすればよいかを調査する。こうした調査には幾つかの方法が考えられる。例えば、あまりセキュリティー対策がされていない取引先を攻撃し、取引先が標的者とやり取りしているメールを窃取して、それを利用する方法、あるいはSNSなどで公開されている標的者の情報を使って、メール文面の作成をする方法などである(図1)。このように得られた情報がソーシャル・エンジニアリングを使ってユーザーをだますのに威力を発揮する。

【技術者塾】(6/6開催)
最適制御とモデル予測制御の基礎から応用展開まで


最適制御の基礎と数値解法の考え方を解説した上で、モデル予測制御の問題設定、実時間アルゴリズム、そして最先端の応用事例について解説します。実際に応用する際の手順がイメージできるよう、簡単な例題を交えて説明します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月6日
会場 : BIZ新宿 (東京・西新宿)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ