設計・生産 ものづくり現場の競争力アップに貢献する
 

その1:もっと技術情報を―――アンケートから(1/3)

吉田勝=日経ものづくり
2013/01/16 00:00
出典:日経ものづくり、2013年1月号 、pp.60-66 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ
図1
[画像のクリックで拡大表示]

 多くの技術者が情報収集の必要性を感じ実際に収集に努めていることはアンケート結果にもはっきり現れている。「日々積極的に情報収集につとめているか」との問いに対して8割以上が「努めている」と回答しており、「努めていない」との回答は2.9%に過ぎなかった(図1)。

図2
[画像のクリックで拡大表示]
図3
[画像のクリックで拡大表示]

 では、どんな情報を欲しているのか。図2は、「積極的に情報収集に努めている」という回答者に、どんな種類の情報を収集しているかを聞いた結果である。最も多いのは「新技術」、次いで多いのは「新製品」だった。どちらも過半数に達している。技術情報が最大の関心事だといえる。さらに「深い情報を知りたい技術領域は何か」を聞いたところ、過半数の回答者が「新しい材料技術」(60.5%)「新しい加工技術」(53.9%)を挙げた(図3)。

図4
[画像のクリックで拡大表示]

 技術情報に対する要望の高さは、他の質問への回答にも現れている。『日経ものづくり』を定期的に読んでいる回答者にその購読目的を聞いたところ、「広く産業界の動向を知るため」が62.6%で最多だった。これと並んで多かったのが、「新しい技術を知るため」との回答で、ここでも技術情報への強いニーズがうかがえる(図4)。

【技術者塾】(9/14開催)
「エスノグラフィック・インタビュー」(行動観察実践編)

~潜在ニーズを見つけてヒット商品を生む~


ヒット商品づくりに必要な「潜在的な(未来の)ニーズ」を発見する方法を学びます。人間中心設計(HCD)と「エスノグラフィック・インタビュー」の概要を理解した後、演習を実施。観察やインタビューから新しいユーザー価値を見いだすまでの過程を体験的に学べるブログラムです。 詳細は、こちら
日時:2015年9月14日(月)10:00~17:00
会場:Learning Square新橋(東京・新橋)
主催:日経ものづくり
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング