設計・生産 ものづくり現場の競争力アップに貢献する
 

生産性を科学的に改善するVPM

長沢亮=テクノ経営総合研究所 ものづくりセンター長
2012/12/18 00:00
出典:日経ものづくり、2012年10月号、11月号 、 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ
VPNの特徴
VPNの特徴

 製造現場の生産性は永遠のテーマ。しかし、「新たな生産性改善のネタが見つからない」という声も多い。そんな状況を科学的な視点に立って打破するのが改善手法「VPM(Value Producing Management)」だ。生産性を、系統的、科学的に分析して見える化し、ボトルネックを特定。それを潰すことで生産性を高めていく。

 最大の特徴は、人の価値と能力の向上を重視すること。改善活動の進捗状況も見える化できるので作業者たちは成果を実感でき、全員活動として取り組みやすい。製造業を中心に、既に3500拠点で導入されており、生産性が2倍以上に向上したケースも珍しくない。ここではVPMの実践法を紹介する。

【技術者塾】(9/11開催)
Quick DRを始めよう

~日産自動車で生まれた不具合未然防止手法~


日産自動車においてQuick DRを開発し、導入推進した講師が、Quick DRの考え方やプロセス、実施手順などを解説します。具体的な課題によるQuick DRの主要手順を体験する演習も実施します。 詳細は、こちら
日時: 2015年09月11日(金)10:00~17:00
会場:Learning Square新橋(東京・新橋)
主催:日経ものづくり

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング