技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

第4回 「1000倍のトラフィック」を合言葉に、あらゆる無線技術を組み合わせる

竹居 智久=日経エレクトロニクス
2012/12/20 00:00
印刷用ページ

 米Qualcomm社が無線通信技術の開発で合言葉にしている目標がある。「1000倍のデータ・トラフィックに備える」ことだ。2011年に世界のデータ・トラフィックは前年比で2倍に増えた。このペースで10年間トラフィックが増え続ければ、約1000倍になるとの仮定に基づくものである。

「1000x」キャンペーンを展開する
[画像のクリックで拡大表示]

 「1000倍のデータ・トラフィックを実現するためには、(1)移動通信方式の進化、(2)より広い周波数帯域の利用、(3)無線LANやスモールセルの活用、の三つを組み合わせる必要がある」(Qualcomm社 Senior Director, MarketingのPeter Carson氏)と考えて各種の研究開発や標準化活動を進めている。

 具体的には、周波数利用効率の向上だけではなく、移動通信および無線LANの複数の方式、カバー範囲の広さが異なる基地局、ライセンスが必要な周波数帯域とライセンスが不要な周波数帯域、などを複合的に組み合わせることが重要になるとQualcomm社は見ている(Qualcomm社の「1000x」キャンペーンのページ)。同社 Chairman of the Board and CEOのPaul Jacobs氏が2008年の『日経エレクトロニクス』誌のインタビューで、「ユーザーが使える実効速度を向上させるために、今後は“密度”の濃い基地局配置が重要になる」と発言していた通り、ユーザーに近いところに小さな基地局を置き、あらゆる周波数帯域や通信方式を使ってデータ・トラフィックをさばく方向に進みつつある。

 移動通信方式の進化という面では、Qualcomm社は他社に先駆けて新しい移動通信方式への対応を進めている。2012年11月にサンプル出荷を開始したベースバンド処理LSI「MDM9x25」は、LTEに対応するベースバンド処理LSIとして第3世代品に当たる。

 2013年に量産開始予定であり、「他社よりも2世代先行している」(同社 Senior Vice President and Chief Marketing OfficerのAnand Chandrasekher氏)と自信を見せる。このMDM9x25の回路を統合した次世代の「Snapdragon」プロセサを、2013年に発表する見込みだ(本連載の第2回参照)。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング