半導体デバイス 半導体デバイスの最新情報・トレンドを知る
 

第3回 スマートフォン市場拡大の切り札となる参照デザイン「QRD」

竹居 智久=日経エレクトロニクス
2012/12/11 00:00
印刷用ページ
 「(従来型携帯電話機で中国の市場を席巻した)“シャンザイ(山寨)”の市場はだんだん小さくなってきた。小規模なメーカーも2Gから3Gへ移行し、オープンな市場が拡大しつつある」(米Qualcomm Technologies社 Senior Director, Product ManagementのSean O'Leary氏)。

Qualcomm Technologies 社 Senior Director, Product ManagementのSean O'Leary氏
Qualcomm Technologies 社 Senior Director, Product ManagementのSean O'Leary氏

 台湾MediaTek社が提供するチップセットと参照設計、ソフトウエア開発環境によって広がった、いわゆる「山寨機」。米Qualcomm社は、2G時代の山寨機に取って代わる、低価格スマートフォン市場に向けた取り組みも実行中だ。

 その中心となるのが「Qualcomm Reference Design」(QRD)である。「より多くのOEM企業が高機能なスマートフォンを作れるようにするために、数年前にQRDの取り組みを始めた」(Sean O'Leary氏)。中国などの新興国市場に向けた低価格なスマートフォンに先端技術を持ち込む意味がある。

中国の3G利用者はまだ27%

 O'Leary氏によると、中国の端末出荷台数は年間7億台弱であり、10億弱の携帯電話利用者のうち3Gの利用者は27%にすぎないという。中国市場には3Gおよびスマートフォンへの移行が同時に起こるという大きな市場機会が広がっているのだ。さらに、中国には90社以上のOEM企業があり、「それらのOEM企業が中国だけではなくインドなど各国に出荷している」(同氏)。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング