• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス大手半導体メーカーの競争力を米国特許で測る > 第4回 IDMとファブレスを比較

大手半導体メーカーの競争力を米国特許で測る

第4回 IDMとファブレスを比較

  • Steve Lee=米Ocean Tomo, LLC.
  • 2012/12/05 00:00
  • 1/4ページ

IDMとファブレスの特許取得状況に差

 次に,売上高のシェアを横軸,三つの半導体技術分野に関するIPSスコアの占有率を縦軸とする図に,各社をマッピングした(図8)。この図の横軸は各社の現在の市場支配力の指標となり,縦軸は半導体デバイス・製造技術を強みに業績を伸ばす潜在能力の指標となる。

図8●市場支配力と成長のポテンシャルを可視化
売上高のシェアを横軸,三つの半導体技術分野に関するIPSスコアの占有率を縦軸とする図に,各社をマッピングした。米Ocean Tomo, LLC.のデータ。

 この分析からは,Micron,Samsung,Intelの3社が業界において突出した存在であることが分かる。MicronはIPSスコア占有率で,Intelは売上高シェアで,Samsungは両方のバランスが取れた位置で,他社を引き離している。

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓