• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス大手半導体メーカーの競争力を米国特許で測る > 第2回 特許件数が多いメーカーはここだ

大手半導体メーカーの競争力を米国特許で測る

第2回 特許件数が多いメーカーはここだ

  • Steve Lee=米Ocean Tomo, LLC.
  • 2012/11/29 00:00
  • 1/3ページ

売上高上位は特許件数も多い

 この三つの分野では,特許取得件数が継続的に増加している。技術分野「257」と「438」に登録された米国特許の1999~2003年の増加率は,いずれも米国特許全体の増加率を上回る。「257」と「438」に登録された特許はこの4年間でいずれも50%以上増加した注4)。この間の米国特許全体の増加率は10%未満にとどまる。

注4)“Rising patent awards hint at a future increase in litigation,”『Compound Semiconductor』,Volume 11.,July 2005.に基づく。

 これらに「365」を加えた3分野で過去10年間に登録された米国特許は10万665件に達する。このうち,上位20社の取得件数は8.5%/年のペースで増加しており,直近では全体の40%に当たる約4万1000件を占めている(図2)。

図2●大手半導体メーカーの主要特許の取得件数
売上高で上位20 位までの半導体メーカーが,過去10年間に三つの技術分野で取得した特許の件数。米Ocean Tomo, LLC.のデータ。売上高ランキングは米iSuppli Corp.のデータ。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓