• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス大手半導体メーカーの競争力を米国特許で測る > 第2回 特許件数が多いメーカーはここだ

大手半導体メーカーの競争力を米国特許で測る

第2回 特許件数が多いメーカーはここだ

  • Steve Lee=米Ocean Tomo, LLC.
  • 2012/11/29 00:00
  • 1/3ページ

売上高上位は特許件数も多い

 この三つの分野では,特許取得件数が継続的に増加している。技術分野「257」と「438」に登録された米国特許の1999~2003年の増加率は,いずれも米国特許全体の増加率を上回る。「257」と「438」に登録された特許はこの4年間でいずれも50%以上増加した注4)。この間の米国特許全体の増加率は10%未満にとどまる。

注4)“Rising patent awards hint at a future increase in litigation,”『Compound Semiconductor』,Volume 11.,July 2005.に基づく。

 これらに「365」を加えた3分野で過去10年間に登録された米国特許は10万665件に達する。このうち,上位20社の取得件数は8.5%/年のペースで増加しており,直近では全体の40%に当たる約4万1000件を占めている(図2)。

図2●大手半導体メーカーの主要特許の取得件数
売上高で上位20 位までの半導体メーカーが,過去10年間に三つの技術分野で取得した特許の件数。米Ocean Tomo, LLC.のデータ。売上高ランキングは米iSuppli Corp.のデータ。
【技術者塾】(6/6開催)
最適制御とモデル予測制御の基礎から応用展開まで


最適制御の基礎と数値解法の考え方を解説した上で、モデル予測制御の問題設定、実時間アルゴリズム、そして最先端の応用事例について解説します。実際に応用する際の手順がイメージできるよう、簡単な例題を交えて説明します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月6日
会場 : BIZ新宿 (東京・西新宿)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ