半導体デバイス 半導体デバイスの最新情報・トレンドを知る
 

第2回 特許件数が多いメーカーはここだ

Steve Lee=米Ocean Tomo, LLC.
2012/11/29 00:00
出典:日経マイクロデバイス、2009年4月号 、pp.47-48 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ

売上高上位は特許件数も多い

 この三つの分野では,特許取得件数が継続的に増加している。技術分野「257」と「438」に登録された米国特許の1999~2003年の増加率は,いずれも米国特許全体の増加率を上回る。「257」と「438」に登録された特許はこの4年間でいずれも50%以上増加した注4)。この間の米国特許全体の増加率は10%未満にとどまる。

注4)“Rising patent awards hint at a future increase in litigation,”『Compound Semiconductor』,Volume 11.,July 2005.に基づく。

 これらに「365」を加えた3分野で過去10年間に登録された米国特許は10万665件に達する。このうち,上位20社の取得件数は8.5%/年のペースで増加しており,直近では全体の40%に当たる約4万1000件を占めている(図2)。

図2●大手半導体メーカーの主要特許の取得件数
売上高で上位20 位までの半導体メーカーが,過去10年間に三つの技術分野で取得した特許の件数。米Ocean Tomo, LLC.のデータ。売上高ランキングは米iSuppli Corp.のデータ。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング