半導体デバイス 半導体デバイスの最新情報・トレンドを知る
 
Steve Lee=米Ocean Tomo, LLC.
2012/11/27 00:00
出典:日経マイクロデバイス、2009年4月号 、pp.46-47 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ

 半導体業界では,過去10年間に多くの企業が事業の統合や再配置を進め,業界の様相が大きく変わった。複数の電機メーカー大手が半導体事業の分社化や統合を進めたことがその一例である。このような業界の変化は,昨今の経済状況の下でさらに加速しそうだ。

 半導体メーカーにとって,こうした状況において重要となるのは,自社の資産を把握し,その価値を高める戦略を実行することである。特に,一般に評価が難しいとされる無形資産の価値を把握することが大切となる。実際,米国では,他社の買収といった事業判断を下すための材料として,技術資産を定量的に評価することの重要性が認識され始めた。

特許の質を定量的に分析する

 米国では,特許や商標,ノウハウといった無形資産が企業価値の80%を占めるとの調査結果がある注1)。特に,技術を競争力の源泉とする半導体メーカーは,特許の取得と維持,他社への供与,特許訴訟に数百億円を投じている。そのため,各メーカーの知的財産,特にその大半を占める特許資産の質を把握することが,各社の知財戦略を考えるうえでの第一歩となる。

注1)米Ned Davis Research, Inc.の調査による。

 以下では,売上高で上位20位までの半導体メーカーを対象に,米国特許の取得状況や知財絡みの企業買収の事例を分析する注2)。さらに,保有特許を格付けする作業を通じて,各社の特許ポートフォリオの特徴を明らかにする。ここで,特許ポートフォリオは,どの分野でどの水準の特許を何件保有しているかを一覧で示したものであり,各社の特許戦略を映す鏡となる。

注2)売上高ランキングは米iSuppli Corp.の調査による。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング