設計・生産 ものづくり現場の競争力アップに貢献する
 

第3回:まずは貸借対照表を読めるようになろう

高橋功吉=ジェムコ日本経営 取締役
2012/11/30 00:00
出典:日経ものづくり「海外工場を切り盛りする 技術者のための経営入門」、2012年5月号 、pp.93-97 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ

前回から読む

 会社のお金を把握する上でぜひ知っておくべきなのが貸借対照表(B/S)の見方である。実は、日頃、損益計算書(P/L)は見ていても、B/Sはほとんど見たことがないという技術系経営者は意外に多い。しかし、海外拠点でキャッシュフロー経営を実践していくために、ぜひB/Sは頭に入れておいてほしい。

 B/Sは、左側を借方と呼び、これが会社にある現在の資産を表す。一方で、右側を貸方といい、これは会社がどこから資金を調達したかを表している(図3-1)。すなわち、借方の資産とは、貸方で調達したお金を使って事業に必要な資産に変えたものということである。

図3-1●貸借対照表(B/S)の様式例
借方は現在の会社にある資産を、貸方はどこから資金を調達したか示している。
[画像のクリックで拡大表示]

 ここでチェックすべきことは、借入金を含めて調達した貴重なお金が、生きた使い方をされているかという点だ。すなわち、借方にある資産は、本当に今の事業に必要な資産だけか、回るべきお金が遊休資産などとして寝て(遊んで)いないか、そして真に価値ある健全な資産として管理されているかということである。

 もし、遊んでいる資産があれば、それらは売却するなどして借入金の返済に回せる。つまり、徹底的に借方にある現金以外の資産を圧縮して現金に変えるべきなのである。

 長期間滞留している棚卸資産(在庫)はないか、未回収の売掛債権はないか、動いていない設備はないか、などという点も経営面での重要な管理事項だ。長期の滞留在庫は1カ所に集め、誰がいつまでに現金化することになっているかが一目で分かるように管理したい。長期滞留在庫は陳腐化して廃棄につながる可能性も高いだけに、早期に現金化することが大切だ。

【技術者塾】(9/16開催)
開発・設計者必修の購買コストダウン術

~コストダウン効果の高い開発購買と購買業務の基本テクニック~


設計と購買に精通した開発購買のプロが、開発・設計技術者に向けてコスト削減活動の重要性と活動への心構え、機能購買、有利購買の考え方・進め方、コスト分析技術、価格を決める交渉術など、開発購買を効果的に進めるために必要な購買知識を分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日時:2015年9月16日(水)10:00~17:00
会場:Learning Square新橋(東京・新橋)
主催:日経ものづくり
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング