家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

活用始まる屋内測位、高精度化で広がる用途

河合 基伸=日経エレクトロニクス
2012/11/20 00:00
出典:、2012年2月20日号 、 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ

駅や商業施設内など、屋内で位置情報を取得するための屋内測位技術への注目度が高まっている。キッカケは、Google社やヤフーが、同技術を活用した屋内地図サービスを始めたこと。商業用途での利用を橋頭堡に、安全・安心や省エネ、災害対策などへと用途を広げそうだ。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング