機械・部材 革新を支える産業機器と部品・材料の情報源
 

脱・レアメタル依存症――磁石は省・脱ジスプロシウムへ

2012/11/14 00:00
印刷用ページ

ハイブリッド車や電気自動車などの中核部品である駆動用モータ、エアコンの圧縮機や産業機器のサーボモータには、ジスプロシウム(Dy)が3~10質量%添加されたネオジム-鉄-ボロン系焼結磁石が使われている。

しかし、Dyの産出は現在、中国がほとんどを占めており、中国の政策によって供給量や価格が左右される状況になっている。実際、2011年夏には、それまで150米ドル/kg程度が続いていたDy価格が3500米ドル/kg以上にまで高騰した。そんなリスクを低減するため、省Dy、脱Dyに向けて活発化している企業や公的研究機関、大学の開発内容を紹介する。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング