設計・生産 ものづくり現場の競争力アップに貢献する
 

機能開発に力を入れよ ―VE全国大会 スペシャル・トークセッションから―(6/7)

2012/11/19 00:00
印刷用ページ

前回から読む

会場からA氏 私はまだVE初心者なんですけれども、会社は製造業ですから、基本的にコストリダクションに重きを置いています。それは、たぶん、ファンクションが数値化できないからです。民間企業は、数値化できないと成果も測れませんし、活動にできません。予算ももらえません。

 Vを上げるためにファンクションを上げるというのは、式では分かるのですが、ファンクションを上げたときに、本当にお客さまのプライスを上げてくれるのかがうまく証明できなかったり、式にできなかったりするので、そこが苦しいところだと思うんです。

 すごく枯れた商品では、結局、プライスを上げるファンクションが出てこないので、皆さん苦しんでコストリダクションになっちゃっている。そこでファンクションを上げるための手法として、生活研究とかいろいろやっています。

 結局、F/Cといっても、プライスを上げてくれるFをどうやって見つけるかというところまで含めて一貫してできるツールなり活動なりがないと、VEではない他のツールが委員じゃないかと思い始めちゃっています。

会場からB氏 先ほど、V=F/Cのお話を聞きました。FとCの研究はVEの中でかなりされています。私が言いたいのは、Vの研究がされていないことです。Vは価値ですから研究はされているのですけれども、お客さまの研究はされていないと思うのです。

 会社は製品をつくるところの研究をします。どういうお客さまに売るかを考えますね。そのときの方法が、例えば今は、日本国内だったのがグローバルになってものすごく多様化している。人間も多様化していますね。だから、機能を探すためにお客さまを研究しなければ駄目なんです。

 VEでは、V=F/CでFとCにすぐ注目して、今まで来たわけです。今の世の中はソフトの時代だと言われて、物の時代ではないと言われています。そういう意味でも人間の研究をしないと駄目なんです。それと、Vの研究を重ねてやらないと20世紀は負けちゃうんじゃないかと思います。

【技術 者塾】
本当に使えるVE(9/9開催)

~コスト削減を超えた機能向上・競争力強化を実現する~


原価低減の手段ではない「真のVE」の良さを学びます。そして、VEが競争力ある商品を創るイノベーション 技術であることを確認した上で、実践により「新しいVEの技術(未公開)」を体得します。座学に加え、新 しい機能開発の着眼点や手法を体験していただきます。詳細は、こちら
日時:2015年9月9日(水)10:00~17:00
会場:Learning Square新橋(東京・新橋)
主催:日経ものづくり
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング