• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくりVEとは何だ! ―VE版白熱教室in市ヶ谷― > これからのValue Engineeringとは ―VE全国大会 スペシャル・トークセッションから―(4/7)

VEとは何だ! ―VE版白熱教室in市ヶ谷―

これからのValue Engineeringとは ―VE全国大会 スペシャル・トークセッションから―(4/7)

  • 2012/11/15 00:00
  • 1/3ページ

前回から読む

――議論も白熱してきましたので、次のテーマである「Next Value Engineeringとは」に移っていきたいと思います。

横田 私も佐藤さんもアメリカによく行きます。日本のVEをこれから育てていく、そしてアメリカでいろいろ研究開発されている情報を仕入れてくることは、とても大事だろうと思います。VE全国大会は2日間で1000人近くの人たちが集まるわけですけれど、そういう人たちの研究結果、成果みたいなものを海外に発表する機会がまだ少ない。そういうのはもったいないなという気がしています。

 アメリカでよく言われるのが、「機能系統図がちょっと違う」ということです。向こうではFASTダイアグラムというものがあって、基礎研修に相当するモジュール?の中で教えられています。しかも、FASTダイアグラムのバリエーションが3つもあって、それを教え、それを基に分析をしています。

 その中に日本の機能系統図に似たようなものもありますが、また違う。機能系統図は私も大好きです。でも、日本の機能系統図は、バリエーションが1個しかありません。なので、機会があれば、アメリカのFASTダイアグラムも一度どこかで使ってみていただきたいなと思います。

 私は向こうのFASTダイアグラムの教え方、使い方、こつ、特徴、全部学んできました。その結果分かることは、日本の機能系統図もFASTダイアグラムも両方いいんです。一長一短があって、両方をどんどん使っていくのがいいんじゃないかなと思っています。佐藤さんは、機能系統図をどのように作っているんですか。

【技術者塾】(9/28開催)
データの意味が分かり、次を予測できる「多変量解析」入門

解析ソフトを用いて実践演習しながら理解する


測定したデータからその意味が分かり、次にどうなるかを予測できる「多変量解析」の考え方とその方法を学習します。パソコンを使った演習により、具体的な実施方法を体得することで実践力を身に付けることができます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年9月28日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経ものづくり

おすすめ