設計・生産 ものづくり現場の競争力アップに貢献する
 

これからのValue Engineeringとは ―VE全国大会 スペシャル・トークセッションから―(4/7)

2012/11/15 00:00
印刷用ページ

前回から読む

――議論も白熱してきましたので、次のテーマである「Next Value Engineeringとは」に移っていきたいと思います。

横田 私も佐藤さんもアメリカによく行きます。日本のVEをこれから育てていく、そしてアメリカでいろいろ研究開発されている情報を仕入れてくることは、とても大事だろうと思います。VE全国大会は2日間で1000人近くの人たちが集まるわけですけれど、そういう人たちの研究結果、成果みたいなものを海外に発表する機会がまだ少ない。そういうのはもったいないなという気がしています。

 アメリカでよく言われるのが、「機能系統図がちょっと違う」ということです。向こうではFASTダイアグラムというものがあって、基礎研修に相当するモジュール?の中で教えられています。しかも、FASTダイアグラムのバリエーションが3つもあって、それを教え、それを基に分析をしています。

 その中に日本の機能系統図に似たようなものもありますが、また違う。機能系統図は私も大好きです。でも、日本の機能系統図は、バリエーションが1個しかありません。なので、機会があれば、アメリカのFASTダイアグラムも一度どこかで使ってみていただきたいなと思います。

 私は向こうのFASTダイアグラムの教え方、使い方、こつ、特徴、全部学んできました。その結果分かることは、日本の機能系統図もFASTダイアグラムも両方いいんです。一長一短があって、両方をどんどん使っていくのがいいんじゃないかなと思っています。佐藤さんは、機能系統図をどのように作っているんですか。

【技術 者塾】
本当に使えるVE(9/9開催)

~コスト削減を超えた機能向上・競争力強化を実現する~


原価低減の手段ではない「真のVE」の良さを学びます。そして、VEが競争力ある商品を創るイノベーション 技術であることを確認した上で、実践により「新しいVEの技術(未公開)」を体得します。座学に加え、新 しい機能開発の着眼点や手法を体験していただきます。詳細は、こちら
日時:2015年9月9日(水)10:00~17:00
会場:Learning Square新橋(東京・新橋)
主催:日経ものづくり
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング