設計・生産 ものづくり現場の競争力アップに貢献する
 

Vとは顧客の価値 ―VE全国大会 スペシャル・トークセッションから―(3/7)

2012/11/14 00:00
印刷用ページ

前回から読む

瀬口(日本VE協会会長の瀬口龍一氏) 今までの話を聞いて、私も経営者の端くれとして、特にVEを前面に掲げてやった立場から申し上げると、価値の定義は、経済学的にも、哲学的にもいろいろあるけれど、このV=F/Cという定義は素晴らしいと思うんです。これ以上の定義はないんじゃないかな。この式は経営そのものを表しているんです。

 Vは何かと言ったら、お客さんにとっての価値です。これは数値的に何で表現されるかと言えば、売り上げです。Vが上がるということは、すなわち売り上げが上がることなんです。それが何によって構成されるかと言うと、最終的にはF/Cとなるわけです。

 これをさらに分けると、私は、お客さんにとっての価値はF/P(プライス)だと思うんです。お客さんにとってのコストはプライスなのに対して、企業はとにかくPよりもCが低くならないと意味がありません。利益については、いろいろ考えがあるかもしれませんが、単純に言えば、P/Cが企業にとっての価値なんです。これを利益と称するんです。

 これとお客さんの価値であるF/Pを掛けるとPは消えちゃいます。それで結局V=F/Cとなるんです。コストもプライスも数値で表せます。Vも売り上げですから、数値として表れます。結局、数字で表現できるんです。だから私は、V=F/Cというのは経営の全てを表現していると思うのです。

 ある大会社の社長が「コストダウンをrespect(尊敬)されたものにするんですな」とおっしゃっていました。コストダウンというのは、企業の中で非常に重きを置かれていますが、安かろう悪かろう、手を抜いているんじゃないかいったイメージにもつながって顧客に受けません。つまり、コストに対する概念というものは、一般的に見ると必ずしもrespectされるものではないんですよ。

 ところが企業にとっては、極めて重要なファクターです。今、日本メーカーの薄型テレビの不振などいろいろな問題が出ていますよね。いろいろな要素がありますが、要するに値段の競争、コスト競争に負けたということです。

 そういうことから言えば、コストは依然として最重要課題です。コストを下げることは、価値を下げることだと思っている人が多いんですが、コストが下がることは価値を上げること。そういう点でV=F/Cという式は非常に優れたものだと思います。

 私は、数字的に表現することは経営的に可能だと思います。式を変形すれば分かります。F=V×Cなんです。だから、Vで価値を表せるんです。Vは売り上げですよ。機能を上げたら売り上げが上がらなければいけない。それは数字的に表現できる。それにコストを掛けるとFになるわけで、当然Fも数値になるわけです。

【技術 者塾】
本当に使えるVE(9/9開催)

~コスト削減を超えた機能向上・競争力強化を実現する~


原価低減の手段ではない「真のVE」の良さを学びます。そして、VEが競争力ある商品を創るイノベーション 技術であることを確認した上で、実践により「新しいVEの技術(未公開)」を体得します。座学に加え、新 しい機能開発の着眼点や手法を体験していただきます。詳細は、こちら
日時:2015年9月9日(水)10:00~17:00
会場:Learning Square新橋(東京・新橋)
主催:日経ものづくり
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング