設計・生産 ものづくり現場の競争力アップに貢献する
 

価値向上のアプローチは1つではない ―VE全国大会 スペシャル・トークセッションから―(2/7)

2012/11/13 00:00
印刷用ページ

前回から読む

横田 次の式は、V=F/Cを私なりの解釈で加工したものです。

横田 上はいいですよね。下もF/Cであることは間違いありません。さきほど佐藤さんが「Fは数値化をする。でも足し算できない」とおっしゃいました。私はこれを「Ft」としました。tはターゲット、つまりFtとは目標のファンクションのレベルです。ファンクションが時間であれば時間で割ればいいし、面積であれば面積で割ればいいし、個数であれば個数で割ればいい。現行と目標を割り算することで無次元化できるので、無次元化すればF/Cは計算が可能だというのが私の考えです。

 ただ、Fが上がりも下がりもせず、現行も目標も同じだとしたときに、初めて(目標コスト)/(現行コスト)に加工されると私は解釈したんです。そうすると、一番下のCt/Cnは、(目標コスト)/(現行コスト)となります。我々はこれを一番上の式のF/Cと置き換えたかたちで計算していただけの話で、V=F/Cは、あくまでもファンクションにおける目標と現行が同じという仮定の下での式だと思います。

 しかし、Fは変わる可能性があります。Fが変わらずコストが変わる場合はこの式でいいんですが、Fが変わる場合はF/Cだけではない、下の式の途中の段階のものを使わなくちゃいけない。これも今までの論文の中に出しました。これを計算できるのが分かった瞬間、これはやはりやっていかなくちゃいけないだろうと思いました。

【技術 者塾】
本当に使えるVE(9/9開催)

~コスト削減を超えた機能向上・競争力強化を実現する~


原価低減の手段ではない「真のVE」の良さを学びます。そして、VEが競争力ある商品を創るイノベーション 技術であることを確認した上で、実践により「新しいVEの技術(未公開)」を体得します。座学に加え、新 しい機能開発の着眼点や手法を体験していただきます。詳細は、こちら
日時:2015年9月9日(水)10:00~17:00
会場:Learning Square新橋(東京・新橋)
主催:日経ものづくり
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング