次世代工場 工場の将来像が見える
 

第2回:紙の剥離やベルトの変形挿入も可能

富岡 恒憲=Tech-On!編集
2012/11/26 00:00
印刷用ページ

 多品種変量生産への対応、人が実施していた複雑な作業のロボットへの置き換え、人とロボットの共存--。グローリー埼玉工場が、レジつり銭機などを低コストで造れるようにする次世代の生産ラインを実現する上で、突きつけられた課題だ。

 こうした課題の解決を目指して同社が注目したのが、川田工業のヒト型の産業用ロボット「NEXTAGE」である(図1)。

図1●川田工業のヒト型の産業用ロボット「NEXTAGE」

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング