• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくりヒト型ロボットで流れセル生産 > 第1回:新興国に負けないコスト競争力を

ヒト型ロボットで流れセル生産

第1回:新興国に負けないコスト競争力を

  • 富岡 恒憲=Tech-On!編集
  • 2012/11/12 00:00
  • 1/3ページ

 スーパーマーケットのレジなどで使われるPOS(販売時点情報管理)端末に組み込まれるレジつり銭機()。本体に投入した硬貨や紙幣を本物かどうかも含めて識別し、それぞれの硬貨・紙幣ごとに選別して枚数を数え、つり銭を払い出すシステムである。硬貨や紙幣の真偽を評価する認識技術や、硬貨や紙幣を選別・計数するメカトロニクス技術などの蓄積が求められる製品だ。

図●レジつり銭機の例
硬貨や紙幣を投入すると、つり銭が払い出される装置。硬貨や紙幣の真偽を評価し、硬貨や紙幣ごとにそれらを選別・計数する機能が盛り込まれている。

 こうしたレジつり銭機を開発・製造・販売している企業の1つが、貨幣処理機メーカー大手のグローリーだ。同社は埼玉県加須市の埼玉工場で、レジつり銭機を製造している。

【技術者塾】(5/19開催)
クルマの軽量化の切り札 CFRPを使いこなす

材料物性から成形、設計、製品事例までを徹底理解


トヨタ自動車の「レクサスLFA」のCFRP製ボディーを開発した講師が、自動車メーカーの開発の考え方や、CFRPの材料物性や成形法、クルマへの適用事例などについて解説。CFRP製品の設計や生産技術の開発に必須の知識を1日で学べます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月19日
会場 : 御茶ノ水トライエッジカンファレンス
主催 : 日経ものづくり

おすすめ