• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり > ヒト型ロボットで流れセル生産

ヒト型ロボットで流れセル生産

[クリックすると拡大した画像が開きます]

 2012年10月10日、経済産業省は「第5回 ロボット大賞」の受賞ロボットを発表した。このロボット大賞で「次世代産業特別賞」を受賞したのが、グローリーと川田工業の「フレキシブルな自動組立ラインを実現するヒト型ロボット『NEXTAGE』」である。

 両社は、グローリーの埼玉工場において、同ロボットを活用した流れセル生産ラインを構築しており、次世代の生産ラインの1つの在り方を示すものとして評価された。この解説記事では、グローリーや川田工業が、なぜそのような生産ラインを構築したのか、また具体的にどのような工夫によってそうしたラインを実現したのか、それらのポイントを紹介する。

【技術者塾】(5/20開催)
5割ダウンを体感する!設計/製造/調達の新コスト改革



負担は少なく、明日からでも実践できる低コスト手法を、多くの演習を交えながら企業への導入実績が豊富な設計コンサルタントが指導します。また、コストバランス法を使って、韓国の大手メーカーが徹底的にコスト分析した日本製品の弱点についても解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年5月20日
会場 : リファレンス大博多貸会議室
主催 : 日経ものづくり

おすすめ