家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【第5回】「誘う」要素が満載

根津 禎=日経エレクトロニクス
2012/11/22 00:00
出典:日経エレクトロニクス、2011年5月16日号 、pp.41-45 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ
3DSには、ユーザーの近辺にいる人々との交流を促すソフトウエアが多数内蔵されている。例えばシューティング・ゲームでは、顔写真を用いた敵キャラクターが登場したり、周囲にいる人に遊んでもらったりする機能がある。AR機能を使えば、周囲の様子を撮影した写真とMiiを合成できる。ユーザーと周囲の人の顔写真を合成する機能も備える。(中央と左下の写真はソフトディバイス)
3DSには、ユーザーの近辺にいる人々との交流を促すソフトウエアが多数内蔵されている。例えばシューティング・ゲームでは、顔写真を用いた敵キャラクターが登場したり、周囲にいる人に遊んでもらったりする機能がある。AR機能を使えば、周囲の様子を撮影した写真とMiiを合成できる。ユーザーと周囲の人の顔写真を合成する機能も備える。(中央と左下の写真はソフトディバイス)
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 3DSでは、無線通信機能だけでなく、3DS本体だけで周囲の人々との交流を促す「仕掛け」を盛り込んでいる。それは、「周囲の人を“誘う”要素が多い」(電子機器のUI設計などを手掛けるソフトディバイスの福田卓郎氏)ことである(図)。

 これは、ユーザーが3DSを持ち込んだ場所で、周辺にいる3DSを持たない人を巻き込むことで関心を持ってもらい、購買意欲を刺激する狙いがあるとみられる。

 その好例が、裸眼立体視できる3Dディスプレイと内蔵ソフト群にある。3Dディスプレイは視野角が狭く、ディスプレイに正対しないと立体視できない。つまり、3DSを持ったユーザーしか楽しめず、立体映像を楽しむユーザーの姿を見た周囲の人々は、隣から画面をのぞき込んでも立体視できない。そのもどかしさから、周囲の人々は3DSに、より強い関心を寄せるようになる。

 3DSの内蔵ソフト群の中でも、特にユーザーを巻き込む要素が多いのが、「顔シューティング」と呼ぶゲーム・ソフトだ。これは、顔写真を利用した敵キャラクターを打ち落とすゲーム。3DSのカメラで撮影した顔写真を利用するので自然とユーザーは周囲の人々を撮影したくなる。撮影された人は思わず3DSに関心を寄せてしまう。

 加えて、顔シューティングには「遊んでもらう」という、周囲の人と遊ぶことを前提としたゲーム・モードがある。顔シューティングは、3DSに内蔵された加速度/角速度センサによる操作が可能で、ユーザーは3DS本体を手に持って動かしながら遊べる。熱中すると体の動きが激しくなるので、周囲の人は思わず目を向けてしまう。「『貸してほしい』と周囲の人に言わせるものを作ることに、任天堂はたけている」(ソフトディバイスの福田氏)のだ。この他、写真の合成機能でも周囲を引き込める可能性がある。
――続く――

【9月15日(火)開催】触るインタフェース(応用編)
~ウエアラブルと身体性から読み解く次世代インタフェース~


ウエアラブルデバイスで触覚情報を利用するための基礎と最新技術や、全身触覚と身体性に着目した新しい触覚インタフェースの新潮流について解説する。この分野に精通する3人の講師が、様々な研究開発例とその実装方法を紹介する。詳細は、こちら
会場:BIZ新宿 (東京・西新宿)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング