家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【第3回】すれちがい通信を促す

根津 禎=日経エレクトロニクス
2012/11/19 00:00
出典:日経エレクトロニクス、2011年5月16日号 、pp.41-45 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ
3DS本体だけで、すれちがい通信によって他のユーザーのアバター「Mii」と簡単な情報交換ができる。すれちがい通信で出会ったMiiを使い、ミニ・ゲームを楽しめる。このゲームがすれちがい通信の利用を促す。
3DS本体だけで、すれちがい通信によって他のユーザーのアバター「Mii」と簡単な情報交換ができる。すれちがい通信で出会ったMiiを使い、ミニ・ゲームを楽しめる。このゲームがすれちがい通信の利用を促す。
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 3DSには、すれちがい通信の利用を促す仕組みも盛り込まれている。

 その中核を担うのが、Miiである。すれちがい通信によって他のユーザーのMiiと簡易な情報を交換できる。例えば「あいさつ」といったメッセージや、最近遊んだゲームのタイトル名などだ。

 あいさつの文面は基本的に定型文だが、同じアバターと2回以上擦れ違うと、次回の擦れ違い時に個別のメッセージを送信できるようになる。これで擦れ違う楽しみが増えて、ユーザーが利用したくなるという狙いだ。

 Miiによるすれちがい通信では、ユーザーの「集めたくなる」という心理を突いて利用を促す工夫も取り入れている。

 例えば、すれちがい通信で出会ったMiiは「広場」という領域に蓄積されていき、今まで擦れ違ったMiiのデータを閲覧できる。擦れ違うMiiが増えていくことをユーザーに視認させることが、Miiの収集欲を刺激するのだ。

 擦れ違ったMiiを使って楽しめるゲームも内蔵している。パズルのピースを交換するゲームや、敵キャラクターを倒してステージを進めるごとにMii用のアイテムを入手できるゲームなどだ(図)。いずれもユーザーの収集欲を刺激するものである。
――続く――

【9月15日(火)開催】触るインタフェース(応用編)
~ウエアラブルと身体性から読み解く次世代インタフェース~


ウエアラブルデバイスで触覚情報を利用するための基礎と最新技術や、全身触覚と身体性に着目した新しい触覚インタフェースの新潮流について解説する。この分野に精通する3人の講師が、様々な研究開発例とその実装方法を紹介する。詳細は、こちら
会場:BIZ新宿 (東京・西新宿)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング