家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

第8回 NECビッグローブ:タグ入りストラップをSNSの入り口に

根津 禎=日経エレクトロニクス
2012/11/29 00:00
出典:日経エレクトロニクス、2012年9月17日号 、pp.43-44 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ

 NFCタグは安価で、どんなものにでも気軽に貼り付けられる。そんな利点を実感できる事例が、ここ最近で増えている。キーホルダーやストラップなどに単純タグを搭載している他、販促のために展示会場で配るようなノベルティー・グッズでも利用が始まっているのだ。

図1 SNSへの導線に利用
NECビッグローブは、同社のSNS「PetSmile」の利用者を増やすため、タグを内蔵したストラップを開発した。このストラップにNFC対応のスマートフォンをかざせば、タグに内蔵されたURLを読み込んで、ペットのプロフィール・ページを自動的に表示する。
[画像のクリックで拡大表示]

 例えばNECビッグローブは、2012年7月に台湾で開催されたペット業界の展示会「2012 Taipei Pets Show」で、同社が運営するペット飼い主向けSNS「PetSmile」の宣伝ツールとして、単純タグを実装したストラップを配布した(図1)。展示場 内で、同社ブースを訪れた参加者に対して、PetSmile内にある、ユーザーのペットのプロフィール・ページのURLをタグのメモリに展示ブースで記録して参加者に渡した。このタグを他人に読み込んでもらえば、自分のペットを簡単に紹介できる。ペットの首輪などに付ければ、ペットが迷子になったときに見 つかりやすくなる。このように、NFCタグは徐々に身近になっている。それを見越して、NFCタグを小ロットで購入できる店舗も出てきた(下掲の「“白タグ”を売る専門店も登場」参照)。

 このように、個人開発者や小規模な企業がNFCを使い、さまざまなサービスを提供できる環境が整いつつある。NFCの「キラー・アプリ」実現に向けた取り組みが、さまざまなところで活発化しそうだ。

【9月15日(火)開催】触るインタフェース(応用編)
~ウエアラブルと身体性から読み解く次世代インタフェース~


ウエアラブルデバイスで触覚情報を利用するための基礎と最新技術や、全身触覚と身体性に着目した新しい触覚インタフェースの新潮流について解説する。この分野に精通する3人の講師が、様々な研究開発例とその実装方法を紹介する。詳細は、こちら
会場:BIZ新宿 (東京・西新宿)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング