家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

第4回 低コストと直感的操作で圧倒

根津 禎=日経エレクトロニクス
2012/11/16 00:00
出典:日経エレクトロニクス、2012年9月17日号 、pp.34-35 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ

 一方、アクティブ・タグは場所やモノとデジタル空間を結び付ける機能に加えて、機器の制御にも活用できるのが特徴である。

 アクティブ・タグはNFCタグのメモリを介してスマートフォンから機器に制御データを送ったり、機器側で計測したデータをスマートフォンに送ったりできる。Bluetoothや無線LANなどでも同様のことができるが、導入コストが1桁低く、タッチするという直感的な使い方で勝る。

 このアクティブ・タグの利用で、これまでコストの問題で採用に二の足を踏んできた機器でも、NFCのR/W機能を備えたスマートフォンを媒介にネットワーク接続を可能にする。

 既にアクティブ・タグの活用が始まっているのが、血圧計や体組成計などのヘルスケア機器だ(図1)。3000円前後の安価な活動量計でも、アクティブ・タグが採用されている。

図1 アクティブ・タグ搭載機が登場
アクティブ・タグの家電利用が始まった。例えばオムロン ヘルスケアは、活動量計や体組成計などのヘルスケア機器にNFCのアクティブ・タグを採用した(a)。パナソニックの炊飯器や冷蔵庫といった白物家電でも採用されている(b)。(写真:(b)はパナソニック)
[画像のクリックで拡大表示]
【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング