家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

第2回 2012年末にNFC対応端末やタグが急増

根津 禎=日経エレクトロニクス
2012/11/14 00:00
出典:日経エレクトロニクス、2012年9月17日号 、pp.31-33 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ

 機能面とコスト面に変革をもたらすNFCだが、本当にスマートフォンにR/W機能が搭載されるかどうかが普及の鍵を握る。しかし、この問題はもはや解決済みだ。R/W機能を搭載したスマートフォンは2012年後半を皮切りに一気に増えるからだ(図1)。

図1 NFCリーダー/ライターとNFCタグが増加
NFCのリーダー/ライター(R/W)機能を搭載したスマートフォンやゲーム機が、2012年後半から一気に増える。それに伴い、NFCタグの枚数も増えていくとみられる。(図:半導体メーカーなどの資料を基に日経エレクトロニクスが作成)
[画像のクリックで拡大表示]

 米Google社のソフトウエア基盤「Android」を搭載する端末(以下、Android端末)ではNFCのR/W搭載が標準になるし、2012年10月に正式リリースされるWindows 8対応パソコンやWindows Phone 8対応端末も、NFCのR/W機能を標準で備えるもようだ。2012年8月末時点では正式な発表はないものの、米Apple社のiPhoneの次期版にNFCのR/Wが搭載されるという噂が絶えない。

 この結果、NFCのR/W機能を備えたスマートフォンだけで、2012年で1億台超、2014年には4億台超が出荷されると見込まれている(図1)。この波はスマートフォンだけでなく、ゲーム機や家電にも訪れる。例えば任天堂は、同社が2012年末に発売予定の据え置き型ゲーム機「Wii U」にNFCのR/W機能を搭載する。

 NFCのR/W機能を備えた機器が急増することで、NFCタグも普及していく。2012年に1億枚が見込まれるNFCタグの年間出荷枚数は年々増加し、2015年には8億枚にまで拡大する見通しである。NFC関連部品の単価は安いが、磁性体やアンテナ、ICなど、エレクトロニクス産業が関わる膨大な市場が生まれることになる。

【9月15日(火)開催】触るインタフェース(応用編)
~ウエアラブルと身体性から読み解く次世代インタフェース~


ウエアラブルデバイスで触覚情報を利用するための基礎と最新技術や、全身触覚と身体性に着目した新しい触覚インタフェースの新潮流について解説する。この分野に精通する3人の講師が、様々な研究開発例とその実装方法を紹介する。詳細は、こちら
会場:BIZ新宿 (東京・西新宿)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング