技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

多様な挑戦と権限委譲で技術者の“経験”を取り戻せ

高橋 史忠、佐伯 真也=日経エレクトロニクス
2012/11/21 00:00
出典:日経エレクトロニクス、2011年4月18日号 、pp.54-55 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ

エレクトロニクス産業のさまざまな環境変化にどう対応すべきか。技術者に求められるのは、自ら道を切り開いていく強い意志だ。突然訪れた転機に、技術者はどう動いたのか。=文中敬称略

東京大学の宮田氏

 「正直に言えば、今でも新しいことに挑戦するのは怖い。企業とのプロジェクトは、その企業の業績に直結するので責任がある。でも、逃げないで挑戦し続けることが重要だ」。

 東京大学 大学院 教授の宮田秀明(63)は、自らの研究生活を振り返り、挑戦こそが技術開発を進展させる原動力だと語る。

 石川島播磨重工業(現IHI)で船舶の設計者として社会人生活を始めた宮田は、大学に転じてからも開発現場を大切にしてきた。実用化は難しいとの見方が強かった水中翼船や、世界最高峰のヨット・レース「America's Cup」に挑むヨットの開発を手掛けるなど、常にトップを走ってきた自負がある。その宮田が重視するのは、現場での「経験」だ。

 数値計算による波のシミュレーションから始まった研究テーマは、今では流通業界の物流を効率化するシステムや、電気自動車とLiイオン2次電池を使ったエネルギー・システムといった社会システムの構築にまで分野を広げた。すべての研究プロジェクトで宮田は常に現場にいた。

 「二つの異なる分野を経験すると、さらに高い視点で新たな分野の研究に取り組める」。これが宮田の持論だ。多様な経験が大切だと思うからこそ、あえて研究室の学生に権限を委譲し、現場を踏ませるようにする。企業との共同プロジェクトで真剣勝負のプレゼンなどを経験すると、その成功体験で学生たちはメキメキと自信を獲得していく。

異なる分野の経験が実力を高める
【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング