設計力向上 開発手法と支援ツールの動向・事例
 

第5回:構想設計で行う「システム設計」「品ぞろえ設計」「設計部品構成決定」

日野三十四=モノづくり経営研究所イマジン 所長
2012/11/05 00:00
出典:日経ものづくり、2012年5月号 、pp.144-150 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ

 今回からは、構想設計の手順書について説明していく。その前に製品開発プロセスにおける構想設計の位置付けを確認しておく()。

図●製品開発プロセスおよび用語の定義
本稿では、製品開発プロセスおよび用語をこう定義する。今回のテーマである構想設計は、「システム設計」「品ぞろえ設計」「設計部品構成決定」の3つから成る。最終製品メーカーとサプライヤーでそれぞれ構想設計を行うが、サプライヤーの構想設計は「見積設計」として区別する。
[画像のクリックで拡大表示]

 製品開発プロセスの最上流は製品企画であり、エンドユーザーの製品に対する漠然とした市場要求(VOC:Voice of the Customer)を基に総合製品企画で製品ラインアップを、個別製品企画で個別製品の具体的な製品仕様を決定する*1。その次に来るのが構想設計である。構想設計では「システム設計」「品ぞろえ設計」「設計部品構成決定」の3つを行う。

*1 Customerは「顧客」を意味するので、最終製品を使うエンドユーザーの他に小売店/販売会社/親会社なども含むが、ここではエンドユーザーに限定する。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS
製造業IT:日経テクノロジーオンライン × ITpro Active

お薦めトピック

記事ランキング