• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり特許から考える勝つための研究開発 > 第1回:必須特許にも有効期限がある

特許から考える勝つための研究開発

第1回:必須特許にも有効期限がある

  • 鮫島 正洋=内田・鮫島法律事務所 弁護士・弁理士
  • 2012/11/05 00:00
  • 1/3ページ

 知財戦略には3つの視点がある。 [1]必須特許(製品を生産する際に、必ず用いなければならない特許)なくしてマーケット参入はないという「必須特許ポートフォリオ」 [2]市場と特許の2軸マーケティングと技術開発や知財取得の戦略をリンクさせる「知財経営モデル」 [3]経営上の課題を解決するために法律や実務、戦略に関する正しい知識に基づいて特許を取得(知財活動)する「知財経営定着」 である。これらの考えを抜きに事業競争力の維持・向上は期待できない。

 しかし、事業環境は刻々と変化しており、技術分野によっては、上記のような考えに基づく技術開発を実施するだけでは、万全とはいえなくなってきている。簡単に言うと「真っ先に技術開発して必須特許を多く取得することで、競合企業に対する優位性を保ち市場をリードしていく」という、これまで日本企業が得意としてきた技術開発/知財戦略(必須特許ポートフォリオ+知財経営モデル)の実践だけでは、競争力を維持できなくなってきたのである。

知財戦略論に限界が

 その背景にあるのは、「技術のコモディティー化」だ。太陽光パネルが1つの好例といえよう。

 日本ではシャープが1964年に初めて実用化し、それ以降、同社は2000年まで同分野で90%を超える圧倒的なシェアを誇ってきた。ところが、近年そのシェアは低下し続け、2010年には数%にまで下がっている。なぜ僅か数年で、このような顕著なシェア低下が生じたのだろうか。

【技術者塾】(5/18開催)
エンジンのプロが教える 自動車エンジンの基礎・最新技術・将来

~高圧縮比化や可変圧縮比化、リーンバーン、HCCI、ヒートマネージメントなどについても解説~


トヨタ自動車で長年エンジンの設計開発を手掛けた講師が、エンジン技術を基本から解説します。その上で、地球温暖化/エネルギー・セキュリティーなどの点から考慮すべき技術課題を整理。エンジンの最新技術や、将来の動力源の技術動向、棲み分けについて解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月18日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経ものづくり

おすすめ