• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり産業機器/部材闘いの軌跡:キルビー特許訴訟 > 空を飛ぶ配線 (前)

闘いの軌跡:キルビー特許訴訟

空を飛ぶ配線 (前)

  • 高橋 史忠=日経エレクトロニクス
  • 2013/01/11 00:00
  • 1/7ページ

 「弁護を依頼していただいて本当に感謝しています。国内ではダントツの大規模特許訴訟。弁護士冥利に尽きるというものです。とてもやりがいのある9年間でした」

 キルビー特許訴訟で富士通側の弁護団に加わった水谷直樹弁護士は,米Texas Instruments Inc.(TI社)との闘いをこう振り返る。

 「富士通は,経営トップをはじめ,会社全体で『スジを通せ』とバックアップしてくれた。それにこたえるべく,全力で頑張ろう。そう思える訴訟でした」

 1991年7月19日。この日を境に法廷で相まみえることになった富士通とTI社。キルビー275特許の評価で折り合いのつかなかった両社は,司法という第三者に判断をゆだねた。つまり,それまでのライセンス交渉の席とは,駆け引きも,雰囲気も,すべての面で大きく異なる場所へと,闘いの舞台が移っていったのだ。

 この新しい舞台で,富士通とTI社は9年間にわたって技術論をぶつけ合う。「抵触せず」を信じて疑わない富士通にとっては「社運を賭けた闘い」であり,世界初の半導体集積回路(IC)を生んだTI社にとっては世界史を変える発明を成し遂げたのだという「自尊心を賭けた闘い」だった(表1)。

表1 キルビー特許訴訟の1 審判決まで(表:日経エレクトロニクス)
[画像のクリックで拡大表示]

トップページへ

【技術者塾】(7/25開催)
低コストを実現する機能安全設計の実践法

ISO26262に対応しつつ、回路の部品点数の半減を目指す


省エネルギー社会に則した機器をキャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。。機能安全規格「ISO26262」に対応した安全設計を実施していく上で、考えなければならない設計の考え方や考慮すべきポイントを解説。これにより、コストの視点をしっかりと押さえつつ、「最適な安全設計を実現するために何をどこまで考慮すべきか」について判断ができるようになります。続いて、シンプルで最適な安全アーキテクチャを考えるためにはどうしたらよいかについて、回路の部品点数の削減事例を基に分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年 7月25日
会場 : 御茶ノ水トライエッジカンファレンス
主催 : 日経Automotive

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓