• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス故障事例に学ぶ、繊細なHDDの扱い方 > 【第8回】振動や衝撃による故障、部品が共振すると影響大に

故障事例に学ぶ、繊細なHDDの扱い方

【第8回】振動や衝撃による故障、部品が共振すると影響大に

  • 舘 健治=ソルナック 取締役社長
  • 2012/11/18 00:00
  • 1/1ページ
 HDDの故障の原因としてよく知られているのが,外部から加わる振動や衝撃だ。振動や衝撃によりヘッドが記録媒体にぶつかって記録媒体にキズを付け,データを破損してしまう(図1)注1)。そうなると特定の位置で読み書きのエラーが頻発することになる。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓