• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器故障事例に学ぶ、繊細なHDDの扱い方 > 【第7回】潤滑剤の劣化による故障、高温や化学反応によって発生

故障事例に学ぶ、繊細なHDDの扱い方

【第7回】潤滑剤の劣化による故障、高温や化学反応によって発生

  • 舘 健治=ソルナック 取締役社長
  • 2012/11/16 00:00
  • 1/1ページ
 スピンオフの起こりやすさを調べるために,複数のHDDで潤滑剤の厚さの変化を実際に測定したところ,極めて短時間で潤滑剤が移動する例が見られた。+65℃の高温で連続して動作させた場合,潤滑剤の厚さに変化がなかったHDDがある一方で,記録媒体の回転による遠心力で潤滑剤が外側へと移動し内側の潤滑剤が薄くなったHDDがあった(図)。機器メーカーがこうした試験をすれば,問題が起きやすいHDDを事前に排除できるだろう。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓