• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス故障事例に学ぶ、繊細なHDDの扱い方 > 【第4回】ロード/アンロード動作で磨耗

故障事例に学ぶ、繊細なHDDの扱い方

【第4回】ロード/アンロード動作で磨耗

  • 舘 健治=ソルナック 取締役社長
  • 2012/11/09 00:00
  • 1/1ページ
我々は、ヘッドのロード/アンロードに使うランプ部とヘッドの可動範囲を決めるストッパ部で、摩耗により異物が発生した例を確認している。例えば業務用機器のHDDで、ランプ部の摩耗が原因とみられる故障が発生した例がある。2カ月間で全装置の10%程度が故障したという。機器メーカーはHDDメーカーに解析を依頼したが、「ユーザーの取り扱いが原因」との回答しか得られなかったため、我々が解析することになった。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓