お薦めトピック

第4回 Samsung社が次世代医療に本腰(2/2)

医療機器とバイオに3兆ウォン超を投資

2012/11/01 00:00
出典: 日経エレクトロニクス,2011年7月11日号 ,pp.103-105 (記事は執筆時の情報に基づいており,現在では異なる場合があります)
趙 章恩氏
趙 章恩氏
ITジャーナリスト
(写真:皆木 優子)

Samsung Electronics社は、2020年に向けた注力分野の一つに次世代医療(医療機器、バイオ製薬)を掲げている。2020年までに、同分野に合計3兆 3000億ウォンを投資する計画だ。さらに、LG Electronics社も同分野に注力すると宣言した。本稿では両社の取り組みに加え、韓国における次世代医療の動向などについて、ITジャーナリスト の趙氏が報告する。(小谷 卓也=日経エレクトロニクス)

韓国全体に波及

 Samsung社などの大企業が次世代医療の分野に積極的であることは、同分野に対する韓国全体の機運にも波及している。同社の動きが活発になると、すそ野(産業)もより広がる可能性があるからだ。そして、政府が同社を支援していることもあり、次世代医療の分野に対して韓国では大きな期待が集まり始めて いる。

 Samsung経済研究所は、韓国がこれからグローバル競争力を持てる領域として、次の分野を挙げている。デジタル医療機器、ヘルス家電、幹細胞治療、臨床試験、医療観光である。

 このうち医療観光では今、「どの国よりも優れた整形手術を安く提供します」、「日本の3割ぐらいの料金で入院もできて、さまざまな手術が受けられます」 など、安さを武器に積極的に売り込んでいる。臨床試験の場合も例えば、「日本の半額以下のコストで同じような実験ができます」とアピールする。

 一方、デジタル医療機器とヘルス家電の分野は、現時点では決して韓国が強いわけではない。同領域を今後、Samsungブランドなどで攻め、競争力を高 めようとしている。実際、Samsung社が本格的に医療機器に乗りだすと宣言したことで、政府は韓国の医療機器産業が大きく成長するとの見通しを発表し た。2015年には医療機器産業で世界10位になることを目標に据えた。

 特に、医療機器の輸出額が増加することへの期待が大きい。韓国では従来、輸出してきた医療機器といえば極めて単純なものばかりで、X線CT装置やMRI といった高付加価値型の機器はほとんど輸入に頼っている。この結果、医療機器の貿易赤字が膨らんでしまった。状況の改善に向けて、政府はSamsung社 の医療機器への取り組みを積極的に後押しする構えだ。

【日経デジタルヘルス・セミナー】

次世代がん診断サミット2015
~「超早期」への破壊的イノベーション、始まる~


1滴の血液や尿、呼気などといった容易に取得できる生体試料からがんの兆候を捉えるといった破壊的イノベーションの最新動向や、それらのイノベーションがもたらす医療のパラダイムシフトなどについて一望できるプログラムを用意しました。詳細はこちら

日時:2015年9月2日(水)10:00~17:00
会場:富士ソフト アキバプラザ(東京・秋葉原)

お知らせ

日経デジタルヘルス Special

記事ランキング