• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

お薦めトピック

第1回 救急医療の現場が開発した「GEMITS」(1/2)

ICTを活用し、短時間での決断を支援

2012/10/29 00:00
出典: 日経エレクトロニクス,2011年6月27日号 ,pp.122-125 (記事は執筆時の情報に基づいており,現在では異なる場合があります)
タイトル
小倉 真治氏
岐阜大学大学院 医学系研究科 救急・災害医学 教授 同大学医学部附属病院 高次救命治 療センター長
(写真:皆木 優子)

救急医療情報流通システム「GEMITS」。救急医療に必要な真のニーズを踏まえ、現場に携わる医師が自ら開発したシステムである。ICTの活用 により、時間との闘いを強いられる医師の決断を支援することを狙う。さらに同システムは、将来の医療インフラ/医療サービスのあるべき姿まで見据えている。このシステムの概要について、開発者である小倉氏が語る。(小谷 卓也=日経エレクトロニクス)

 私は、救急医療に携わっている。限られた時間内に適切な治療を施さなければ患者を救命できないのが、救急医療である。この現場に実際に関わっている者と しての視点から、本当に必要だと考えるシステムを我々は自ら開発した。「GEMITS(global emergency medical supporting intelligent transport system)」と呼ぶ救急医療情報流通システムである。現在、岐阜県を中心に同システムの実証実験などを進めている。

 2011年6月には、GEMITSの考え方や取り組みを全国に広げることを狙ったコンソーシアム「GEMAP(GEMITS Alliance Partners)」を設立した。幹事会員として、トヨタ自動車やデンソー、NTTデータ、OKI、日本光電工業などの企業が参加している(図1)。

図1 GEMITSを全国に広げるためのコンソーシアムを設立 
図1 GEMITSを全国に広げるためのコンソーシアムを設立 
GEMITSを全国に広げるためのコンソーシアム「GEMAP」が2011年6月に発足した。

 以下では、救急医療の現場の実態やGEMITSの概要、進行中のプロジェクトなどについて、その一端を示す。

【6/12(日)開催】日経デジタルヘルス・セミナー

『遠隔診療は医療を変えるのか?』
厚労省の“通達”から1年で見えてきたこと


2015年8月、医師と患者を情報通信機器でつないで行う「遠隔診療」の適用範囲について、より広い解釈を認める旨の通達を厚生労働省が出してから1年弱。遠隔診療を実践している医療従事者や遠隔診療サービス事業者を招き、臨床現場から見た“遠隔診療の今とこれから”を探ります。詳細はこちら

日時:2016年6月12日(日) 13:00~17:00(開場12:30予定)
場所:富士ソフト アキバプラザ(東京・秋葉原)
主催:日経デジタルヘルス

日経デジタルヘルス Special

記事ランキング