• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【連載14回】ジェスチャー入力に飛び付く中国企業、参照デザインの登場が後押し(その3:分解編)

根津 禎=日経エレクトロニクス
2012/11/02 00:00
1/1ページ
出典:日経エレクトロニクス、2011年2月7日号 、pp.19-22 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
図1 i-dongは,ディスプレイ側に設置するセンサ装置と,ユーザーが手に持つ専用コントローラなどで構成される(a)。コントローラは2種類ある。センサ装置はパソコンやSTBとUSBで接続して利用する。パソコンに接続した場合は,例えば1.5GHz以上の動作周波数を推奨している(b)。
図1 i-dongは,ディスプレイ側に設置するセンサ装置と,ユーザーが手に持つ専用コントローラなどで構成される(a)。コントローラは2種類ある。センサ装置はパソコンやSTBとUSBで接続して利用する。パソコンに接続した場合は,例えば1.5GHz以上の動作周波数を推奨している(b)。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図2 センサ装置は,大型のメイン基板とカメラなどを実装した小型基板を搭載する。中央に可視光カメラが,両側に赤外カメラが配置されている。赤外カメラを載せた基板の両側にはそれぞれ3個,計6個の赤外LEDが実装され,LEDの上には集光用のレンズ部品が搭載されているなど,赤外光源の設計に注力した形跡が見られる。部品の説明は本誌の推定。
図2 センサ装置は,大型のメイン基板とカメラなどを実装した小型基板を搭載する。中央に可視光カメラが,両側に赤外カメラが配置されている。赤外カメラを載せた基板の両側にはそれぞれ3個,計6個の赤外LEDが実装され,LEDの上には集光用のレンズ部品が搭載されているなど,赤外光源の設計に注力した形跡が見られる。部品の説明は本誌の推定。
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 現時点では,中国企業が見せたジェスチャー入力技術の多くは,中国以外の企業が手掛けたものである。中国企業が開発した例としては,Taishan Online Technology社の「i-dong」がある。冒頭で紹介したSHENZHEN MEDIA GROUPの実演には,このi-dongが用いられている。

 i-dongは,パソコンやSTBといったホスト機器と接続するセンサ装置と,ユーザーが手に持つ専用コントローラなどで構成される。コントローラは2種類ある(図1)。複数のボタンを備えたメイン・コントローラと,外観はそれとほぼ同じでボタンのないサブ・コントローラである。センサ装置の外観はKinectに,両コントローラの外観はMoveモーションコントローラに,それぞれ似ている。外観からは,ヒット商品の模倣にも見える。

 だが分解してみると,模倣したのは外見だけで,ジェスチャー入力技術にはKinectやMoveとは異なる手法を採用したことが分かった(図2)。最大の特徴は,Moveのような手に持つ専用コントローラに,加速度センサやジャイロ・センサといった動きを検知できるモーション・センサを搭載していない点だ。

 i-dongの仕組みの詳細は不明だが,以下のように推察できる。まず,センサ装置の両側に配置された赤外LEDから赤外光を放ち,それをコントローラ先端部で反射する。その反射光をセンサ装置の両側にある赤外カメラで捉える。この結果をUSBで接続したパソコンやSTBといったホスト機器に伝送し,ホスト機器側で演算処理する。これで,反射部の動きを追跡してユーザーの動きを推定する注1)

注1) 赤外カメラを両側に2個搭載しているので,三角測量を利用すれば,精密な距離データも取得できる可能性がある。また,反射部分の大小で距離を演算している可能性もある。

 コントローラに加え,帽子に取り付ける長方形の反射板や,体に巻くテープに取り付ける半球状の反射部品もある。これらを使えば,手以外の腕や足の大まかな動きを検知できる。どの反射部品をどの程度使うかは,ゲームの種類に依存する。

 こうした各種部品に加え,20種類ほどの専用ゲーム・ソフトが付属し,価格は1480元。日本円に換算すると約1万8500円と,希望小売価格が1万5000円程度のKinectよりも高い。

――続く――
【技術者塾】(2/23開催)
シグナル/パワーインテグリティーとEMC

〜高周波・低電圧設計に向けたノイズの課題と対策〜


本講座では、設計事例を基に、ノイズ対策がなぜ必要なのかを分かりやすく解説します。その上で、シグナルインテグリティー(SI)、パワーインテグリティー(PI)、EMCの基礎知識ならびにそれらがノイズ課題の解決にどのように関係しているかを、これまでの知見や経験に基づいた具体例を踏まえつつ解説を行います。 詳細は、こちら
日程 : 2016年2月23日
会場 : 化学会館
主催 : 日経エレクトロニクス
印刷用ページ
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾
  • スポーツイノベイターズオンライン

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング