家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

第1回 製品に宿る「個人の思い」

大森 敏行,根津 禎=日経エレクトロニクス
2012/10/30 00:00
出典:日経エレクトロニクス、2012年1月23日号 、pp.28-29 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ

 掃除機や扇風機、ラジオといった製品分野は、かつてはコモディティー化の最たるものだった。ところが、こうした分野で「飛び抜けた魅力」と「従来の数倍という価格」でヒットし、分野全体の平均単価を押し上げた製品群が登場してきた。その開発の裏側を取材すると、日本のメーカーがかつて持ち、苦境に立たされた今は忘れつつある「製品にかける思い」の重要さを、もう一度思い出させてくれる。3日連続で紹介する「脱安売りの極意」の第1回である。

(写真:寺尾玄氏の写真を除き各社)
[画像のクリックで拡大表示]

 掃除機や扇風機、ラジオといった製品分野は、かつてはコモディティー化の最たるものだった。製品にほとんど競争軸がなく、「安物しか売れない」と思われていたのだ。

  ところが、こうした分野で「飛び抜けた魅力」と「従来の数倍という価格」でヒットし、分野全体の平均単価を押し上げた製品群が登場してきた。英 Dyson社のサイクロン掃除機や羽根のない扇風機「エアマルチプライアー」、米iRobot社のロボット掃除機「ルンバ」、バルミューダの扇風機 「GreenFan2」、米Tivoli Audio社のラジオ「Model One」などだ。こうした製品は「物珍しい機能」や「奇抜なデザイン」で売れたように見えるが、決してそうではない。取材から分かったのは、いずれの製品 も本質的な機能を高めることだけを目指して開発されており、デザインも機能を突き詰めた結果にすぎないということだった。

  共通しているのは、「開発の中心になった個人がはっきりしており、その人物が製品に込めた思いが明確であること」である。Dyson社のすべての製品 は、自身も技術者であるJames Dyson氏の作品といっていい。ルンバは、現在はiRobot社のCEOを務めるColin Angle氏が「人を単純作業から解放したい」という思いで開発した。GreenFanシリーズは、バルミューダ 創業者である寺尾玄氏の「心地よい自然の風を再現したい」という一念で生まれた。Tivoli Audio社のラジオは、音響の専門家であるHenry Kloss氏が、その技術を惜しみなく注いで開発したものだ。

  「製品に思いを込める」と聞いて誰しも思い出すのは、「iPhone」を生んだ米Apple社のSteve Jobs氏だろう。同氏は、2005年に米Stanford Universityで行った伝説のスピーチを「Stay hungry, stay foolish.」(貪欲であれ、愚直であれ)という言葉で締めくくった。ユーザーに提供する価値だけを貪欲かつ愚直に追求するという彼の姿勢は、一生涯 ぶれることはなかった。最終的にユーザーの心をつかむのは、いつでも「愚直に開発された製品」なのだ。

【9月15日(火)開催】触るインタフェース(応用編)
~ウエアラブルと身体性から読み解く次世代インタフェース~


ウエアラブルデバイスで触覚情報を利用するための基礎と最新技術や、全身触覚と身体性に着目した新しい触覚インタフェースの新潮流について解説する。この分野に精通する3人の講師が、様々な研究開発例とその実装方法を紹介する。詳細は、こちら
会場:BIZ新宿 (東京・西新宿)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング