設計力向上 開発手法と支援ツールの動向・事例
 

ポイント2:製品開発と研究を区別する

監修:木村浩実=クオリス・イノーバ、作成:日経ものづくり
2012/10/23 00:00
出典:日経ものづくり、2011年11月号 、pp.61-65 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ
 使い手の要求を把握するには、試作に代表される試行錯誤が欠かせない。しかし、これはウオーターフォール型プロセスによる進め方と矛盾する。FDAは、こうした試行錯誤の活動は「製品開発」ではなく「研究」として位置付けるべきという立場である。研究は査察の対象にはならないので、存分に試行錯誤できる。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS
製造業IT:日経テクノロジーオンライン × ITpro Active

お薦めトピック

記事ランキング