• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり設計革新【1分で要点を理解】医療機器はこうつくる > ポイント1:ウオーターフォール型プロセスで開発する

【1分で要点を理解】医療機器はこうつくる

ポイント1:ウオーターフォール型プロセスで開発する

  • 監修:木村浩実=クオリス・イノーバ、作成:日経ものづくり
  • 2012/10/22 00:00
  • 1/1ページ
 FDAは、医療機器メーカーに対してウオーターフォール型プロセスの採用を推奨している。ウオーターフォール型プロセスとは、端的にいえば、手戻りを許さない開発の進め方である。「使い手の要求」と「意図した用途」を出発点に、「設計インプット」→「設計プロセス」→「設計アウトプット」と進めながら、医療機器を開発していく。
【技術者塾】(9/28開催)
データの意味が分かり、次を予測できる「多変量解析」入門

解析ソフトを用いて実践演習しながら理解する


測定したデータからその意味が分かり、次にどうなるかを予測できる「多変量解析」の考え方とその方法を学習します。パソコンを使った演習により、具体的な実施方法を体得することで実践力を身に付けることができます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年9月28日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経ものづくり

おすすめ