クルマ 自動車の最新技術を追う
 

最終回:車両情報まで他社に委ねる三菱自動車

日産は車載電池を販売

清水 直茂=日経Automotive Technology
2012/10/26 00:00
出典:日経Automotive Technology、2011年11月号 、pp.42-55 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ

 日産はトヨタやホンダと異なり、地域の電力情報の管理やHEMSを自ら手掛けない(図20)。「EVの本来の価値を高められる領域に力を入れる」(日産執行役員ゼロエミッション事業本部担当の渡部英朗氏)方針だ。EVから住宅への電力供給機能を他社に先駆けて実用化することや、車載電池の2次利用ビジネスの実現に力を注ぐ。


図20 日産の構想

図20 日産の構想
車両に直接かかわる領域に注力する考え。HEMSは手掛けない方針である。

 日産は2011年8月、EV「リーフ」から住宅に電力を供給するシステムを開発し、2011年度内の販売を目指すことを発表した(図21)。リーフの急速充電口と日産が試作した電力制御装置をケーブルでつなぎ、同制御装置から住宅の配電盤に最大6kWの電力を送る。

図21 EVの充放電が可能な電力変換装置

図21 EVの充放電が可能な電力変換装置
(a)は放電機能の仕組み。(b)は充放電の有無を手動で設定できる住宅内に設置した液晶パネル。資料と写真は日産の提供。

電池の2次利用に動く

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【日経Automotiveセミナー】
 escar Asia 2015
  ~クルマのハッキング対策、世界の最前線~


今後、クルマにハッキング対策は必須だ。リコールに至るなど実害が出始めた。いま、日米欧でECU(電子制御ユニット)のセキュリティーを高めるためのプロジェクトが動いている。escar Asia 2015は、世界の第一線級のセキュリティー技術者が集って最新の情報を披露し、議論する。総務省、JASPAR、欧州メーカーなどが一堂に集まり、今後の展望を語る。詳細はこちら
車載ネットワークの最新動向を解説する「激変!車載ネットワーク」も同時開催。詳細はこちら

日時:2015年9月7日(月)~8日(火) 10:00~17:05
会場:目黒雅叙園(東京・目黒)
主催:日経Automotive
日経BP主催のお薦めセミナー
スキルアップしたい方は必見!

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング