クルマ 自動車の最新技術を追う
 

第2回:PHEV/EV普及のカベを壊す

清水 直茂=日経Automotive Technology
2012/10/23 00:00
出典:日経Automotive Technology、2011年11月号 、pp.42-55 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ

 車載電池の魅力は安いだけにとどまらない。車載電池は数十kWの駆動用モータに電力を供給できるほど高い出力がある。これは、複数の住宅に電力を供給できるほどの能力だ。住宅1軒で使う電力は5k~10kW程度。ある住宅の車両1台だけで周辺の住宅何軒かの太陽光発電の変動を抑えることも計算上は可能だ。

 この点に期待する企業の一つが、神奈川県横浜市でdSPACE Japanなどと複数の住宅間での電力融通を狙った実証実験に取り組むPALTEKである(図6)。「1台で単純計算して10軒程度の住宅に電力を供給できる。現状で高出力な電池を安く入手する手段はEVを買うほかにない」(同社スマートグリッド事業部統括部長の前川大介氏)という。


図6 車載電池で複数の住宅に電力を供給

図6 車載電池で複数の住宅に電力を供給
数十kWのモータを動かすために設計された車載電池の出力は大きい。その点に着目して複数の住宅の電力をまかなう試みがある。右側のイラストはPALTEKの提供。

 10軒程度という数は融通する軒数としてちょうど良い。電柱に設置する100V/200V対応の変圧器1基から先の低圧配電線につながる住宅数が10軒程度だからだ。柱上変圧器の上流まで電力を融通しようとすれば、6.6kVの高圧配電線を経由しなければならず、現状の変圧器の構造を変える必要がある。これは多額のコストが掛かるため現実的ではないと考えられている。

放電機能で魅力向上

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【日経Automotiveセミナー】
 escar Asia 2015
  ~クルマのハッキング対策、世界の最前線~


今後、クルマにハッキング対策は必須だ。リコールに至るなど実害が出始めた。いま、日米欧でECU(電子制御ユニット)のセキュリティーを高めるためのプロジェクトが動いている。escar Asia 2015は、世界の第一線級のセキュリティー技術者が集って最新の情報を披露し、議論する。総務省、JASPAR、欧州メーカーなどが一堂に集まり、今後の展望を語る。詳細はこちら
車載ネットワークの最新動向を解説する「激変!車載ネットワーク」も同時開催。詳細はこちら

日時:2015年9月7日(月)~8日(火) 10:00~17:05
会場:目黒雅叙園(東京・目黒)
主催:日経Automotive
日経BP主催のお薦めセミナー
スキルアップしたい方は必見!

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング